ウルグアイ2002
各フォーメーション
 アーセナル03-04
 アムステルダム94-95
 アルゼンチン98
 アルゼンチン01
 アルゼンチン14
 イタリア94
 イタリア00
 イタリア06
 イタリア12
 イラン97
 イングランド00
 イングランド14
 ヴァレンシア03-04
 ウルグアイ02
 ウルグアイ14
 オランダ74
 オランダ98
 オランダ14
 カテナチオ
 ガラタサライ99-00
 韓国99
 ギリシャ04
 クリスマスツリー
 クロアチア18
 コスタリカ14
 コロンビア13
 コートジボワール14
 スペイン00
 スペイン08
 スペイン12
 セネガル02
 スロベニア00
 チェコ03
 チェルシー04-05
 チェルシー14-15
 チェルシー16-17
 チリ98
 チリ14
 デンマーク86
 ドイツ90
 ドイツ00
 ドイツ14
 ドルトムント11-12
 ドルトムント15-16
 ナポリ11-12
 日本68
 日本96
 日本97
 日本00
 日本01
 日本11
 ネラッズーロ90-91
 ネラッズーロ09-10
 ノルウェー00
 バイエルン00-01
 バイエルン13-14
 バイエルン15-16
 バルセロナ99-00
 バルセロナ04-05
 バルセロナ10-11
 バルセロナ14-15
 パルマ98-99
 パリ12-13
 ビアンコネーロ84-85
 ビアンコネーロ95-96
 ビアンコネーロ02-03
 ビアンコネーロ13-14
 ビアンコネーロ16-17
 ビジャレアル05-06
 ブラジル82
 ブラジル94
 ブラジル98
 ブラジル02
 ブラジル06
 ブラジル14
 フランス82
 フランス00
 フランス04
 フランス14
 フランス16
 フランス18
 ベルギー13
 ポルト03-04
 ポルトガル00
 ポルトガル14
 ポルトガル16
 マドリード01-02
 マドリード11-12
 マドリード13-14
 マドリードA13-14
 マンチェスターU98-99
 マンチェスターU07-08
 マンチェスターC11-12
 モナコ03-04
 ユーゴスラビア94
 ユーゴスラビア00
 ラツィオ99-00
 リヴァプール04-05
 リヴァプール08-09
 ルーマニア00
 レバークーゼン01-02
 ロッソネーロ88-89
 ロッソネーロ98-99
 ローマ00-01
 ローマ07-08
 N-BOX
 浦和06
 大阪G08
 川崎18
 Webサカ(PC版)コンテンツ
 トップへ戻る


 銀狐のあんぱん屋
 トップへ戻る


魔法の左足が紡ぐ空色の世界

2002年において、ウルグアイ代表が採用した3-4-1-2フォーメーションについての想定予想です。

モデルの想定・その他のケース

左図は、2002年当時のウルグアイ代表について想定予想のスターティングメンバーです。
2002年日韓W杯本選での基本布陣となります。

OHレコバがチームの中心となって、彼と相性が良いとされているシルヴァなどが起用されており、若手のホープであるフォルランやオリベイラあたりはベンチに回されてしまっています。

Webサカのフォメ説明にもあります通り、状況次第では、ロドリゲスがDFラインまで下がり4バックを形成、ロメロをギグーに変えてひし形中盤の4−4−2に組み替えるなどのオプションも。

2002年当時のウルグアイ代表

監督は、1997年のワールドユース選手権でU-20ウルグアイ代表を準優勝に導いたビクトル・プアで、2002年W杯予選前にも1度ウルグアイ代表監督をつとめていました。
その後、後任のダニエル・パサレラが2002年日韓W杯南米予選での不振を理由に解任されたため、急遽復帰し、南米予選を途中から指揮していました。

レコバを中心として、攻撃的なタレントは多く、また、カリーニやモンテーロを中心に守備のメンバーもレベル高い選手が揃っているという状況で、パサレラ監督は攻撃的なメンバーを同時に使う方針を採ってましたが、個の力が組織力にならず前述通り不振に陥ります。

後任のプア監督は、逆に中盤の攻撃的なタレントはレコバ1人に限定して、守備をガチガチに固めて攻撃はレコバに託すというようなサッカーをすることで、堅実に勝ち点を稼いでいき、最終的にはオーストラリアとの大陸間プレーオフを勝ち抜けW杯出場にこぎつけることに成功しました。

W杯本選のグループリーグはフランス・セネガル・デンマークがいるA組。前評判ではフランスが抜けていて、残りはほぼ互角といった評価。

デンマークに敗れ、フランスと引き分けた結果、3戦目のセネガル戦に勝てればグループリーグ突破という状況になってました。

迎えたセネガル戦は、勝利を求めて前がかりになりすぎた結果、前半だけで3失点してしまい配色濃厚になってしまいます。
しかし、ここからフォルラン、モラレスとFWを2人入れて、システムを4−3−3にスイッチ。この采配がズバリと当たり後半ロスタイムで3−3の同点に追いつき、更に、左22mからのFKを得るという山場がやってきます。

最後はレコバの「魔法の左足か!?」と思われたその時、パブロ・ガルシアがレコバに詰め寄り、口論した結果、ガルシアがFKを蹴ることに
結局、このFKは外れて、引き分けのまま試合終了。グループリーグ突破ならずという結果に終わったのでした。

本大会でレコバのFKの精度が悪く、1回も決められていなかった事から、土壇場で信頼を失い、FKの権利を奪われてしまったと言われています。
レコバのチームとされながら、最後の最後でそのレコバを突き放したことは、2002年W杯のウルグアイ代表の象徴的なシーンだったかもしれません。



Webサカ(PC版)コンテンツトップに戻る

あんぱん屋トップに戻る