イングランド2000
各フォーメーション
 アーセナル03-04
 アムステルダム94-95
 アルゼンチン98
 アルゼンチン01
 アルゼンチン14
 イタリア94
 イタリア00
 イタリア06
 イタリア12
 イラン97
 イングランド00
 イングランド14
 ヴァレンシア03-04
 ウルグアイ02
 ウルグアイ14
 オランダ74
 オランダ98
 オランダ14
 カテナチオ
 ガラタサライ99-00
 韓国99
 ギリシャ04
 クリスマスツリー
 コスタリカ14
 コロンビア13
 コートジボワール14
 スペイン00
 スペイン08
 スペイン12
 セネガル02
 スロベニア00
 チェコ03
 チェルシー04-05
 チェルシー14-15
 チェルシー16-17
 チリ98
 チリ14
 デンマーク86
 ドイツ90
 ドイツ00
 ドイツ14
 ドルトムント11-12
 ドルトムント15-16
 ナポリ11-12
 日本96
 日本97
 日本00
 日本01
 日本11
 ネラッズーロ90-91
 ネラッズーロ09-10
 ノルウェー00
 バイエルン00-01
 バイエルン13-14
 バイエルン15-16
 バルセロナ99-00
 バルセロナ04-05
 バルセロナ10-11
 バルセロナ14-15
 パルマ98-99
 パリ12-13
 ビアンコネーロ84-85
 ビアンコネーロ95-96
 ビアンコネーロ02-03
 ビアンコネーロ13-14
 ビアンコネーロ16-17
 ビジャレアル05-06
 ブラジル82
 ブラジル94
 ブラジル98
 ブラジル02
 ブラジル06
 ブラジル14
 フランス82
 フランス00
 フランス04
 フランス14
 フランス16
 フランス18
 ベルギー13
 ポルト03-04
 ポルトガル00
 ポルトガル14
 ポルトガル16
 マドリード01-02
 マドリード11-12
 マドリード13-14
 マドリードA13-14
 マンチェスターU98-99
 マンチェスターU07-08
 マンチェスターC11-12
 モナコ03-04
 ユーゴスラビア94
 ユーゴスラビア00
 ラツィオ99-00
 リヴァプール04-05
 リヴァプール08-09
 ルーマニア00
 レバークーゼン01-02
 ロッソネーロ88-89
 ロッソネーロ98-99
 ローマ00-01
 ローマ07-08
 N-BOX
 浦和06
 大阪G08
 Webサカ(PC版)コンテンツ
 トップへ戻る


 銀狐のあんぱん屋
 トップへ戻る


イングランド・イン・ファーギー・ベイブス

2000年において、イングランド代表が採用した4-4-2フォーメーションについての想定予想です。

モデルの想定・その他のケース

左図は、2000年当時のイングランド代表における想定予想のスターティングメンバーです。

目立つのは何と言っても、当時のマンチェスターUの主力。ベッカム、スコールズ、ネビル兄弟といったところでしょうか。

CBはキャンベルは固定ですが、その相棒となると怪我明けのベテランであるアダムスだったり、キーオンだったり、サウスゲイトだったりで、若干不安定な感じ。何故か、リオ・ファーディナンドはEURO2000のころは召集されていないので、想定予想もそれにあわせてます。

一番の難問はLSHで、一応、当時レアル・マドリードに所属しておりイングランドきってのドリブラーとして鳴らしていたマクマナマンを想定図では取り上げましたが、代表では、レイトン・ジェームズあたりも良く使われていたりで、ここも固定できていないポジションでした。

2000年当時のイングランド代表

監督は、1970年代にリバプールの大スターであったケビン・キーガン。ニューキャッスルやフラムなどの監督として好成績を残した実績を買われて、EURO2000での活躍を期待されての抜擢でした。

しかし、いくつかのポジションで固定できる選手を決めることができず、また、上記にも書きましたが、1998年のW杯では代表として試合に出ていた若手のホープであるリオ・ファーディナンドを召集しないなど、不可解な選出がありました。

また、ニューキャッスルのスターであるアラン・シアラーがEURO2000を最後に代表引退すると宣言していたこともあり、かえってシアラーを外しにくい状況でした。

EURO2000の予備予選では、スウェーデンに勝てなかったりなどで第5グループの2位どまり。ウェールズとのプレーオフに勝って、何とか本選出場が決定するという有様。
それでも、選手各個人の潜在能力の高さから有力候補の一角とみなされてはいました。

そして、本選。
蓋を開けると、ポルトガル・ドイツ・ルーマニアという、いわゆる「死のグループ」に入ってしまい、ドイツには勝ったものの、ポルトガルとルーマニアに負けて、結局、決勝T進出ができずに終わったのでした。

ファーギー・ベイブス

ファーギーは、マンチェスター・ユナイテッドの監督である、アレックス・ファーガソンの愛称。「ファーギー・ベイブス」はファーガソンの子供達という意味で、マンチェスターユナイテッドのユース世代から手塩にかけた選手たちを指します。
(※「ファーギー・フレッジリングス」(ファーガソンのひな鳥たち)という呼び方もあるようです。)
彼らが2000年前後に、マンチェスター・ユナイテッドの主力となる黄金時代を築き上げるのでした。

ベッカムら上記4人の他にも、CHのニッキー・バット、ウェールズ代表のLSHライアン・ギグスなども、ファーギース・ベイブスの一員とされております。

フラットな4−4−2のシステムは、イングランドの代表やクラブチームでよく採用されるシステムで、当時のマンチェスター・ユナイテッドでも同じフラット4−4−2が使われています。

マクマナマンが思ったほど代表では活躍できていないことで、イングランド代表のLSHとして、ギグスがイングランド人になってくれないものかという嘆きともとれない戯言は、イングランドではよく耳に聞く話だったそうです。



Webサカ(PC版)コンテンツトップに戻る

あんぱん屋トップに戻る