アルゼンチン2001
各フォーメーション
 アーセナル03-04
 アムステルダム94-95
 アルゼンチン98
 アルゼンチン01
 アルゼンチン14
 イタリア94
 イタリア00
 イタリア06
 イタリア12
 イラン97
 イングランド00
 イングランド14
 ヴァレンシア03-04
 ウルグアイ02
 ウルグアイ14
 オランダ74
 オランダ98
 オランダ14
 カテナチオ
 ガラタサライ99-00
 韓国99
 ギリシャ04
 クリスマスツリー
 クロアチア18
 コスタリカ14
 コロンビア13
 コートジボワール14
 スペイン00
 スペイン08
 スペイン12
 セネガル02
 スロベニア00
 チェコ03
 チェルシー04-05
 チェルシー14-15
 チェルシー16-17
 チリ98
 チリ14
 デンマーク86
 ドイツ90
 ドイツ00
 ドイツ14
 ドルトムント11-12
 ドルトムント15-16
 ナポリ11-12
 日本68
 日本96
 日本97
 日本00
 日本01
 日本11
 ネラッズーロ90-91
 ネラッズーロ09-10
 ノルウェー00
 バイエルン00-01
 バイエルン13-14
 バイエルン15-16
 バルセロナ99-00
 バルセロナ04-05
 バルセロナ10-11
 バルセロナ14-15
 パルマ98-99
 パリ12-13
 ビアンコネーロ84-85
 ビアンコネーロ95-96
 ビアンコネーロ02-03
 ビアンコネーロ13-14
 ビアンコネーロ16-17
 ビジャレアル05-06
 ブラジル82
 ブラジル94
 ブラジル98
 ブラジル02
 ブラジル06
 ブラジル14
 フランス82
 フランス00
 フランス04
 フランス14
 フランス16
 フランス18
 ベルギー13
 ポルト03-04
 ポルトガル00
 ポルトガル14
 ポルトガル16
 マドリード01-02
 マドリード11-12
 マドリード13-14
 マドリードA13-14
 マンチェスターU98-99
 マンチェスターU07-08
 マンチェスターC11-12
 モナコ03-04
 ユーゴスラビア94
 ユーゴスラビア00
 ラツィオ99-00
 リヴァプール04-05
 リヴァプール08-09
 ルーマニア00
 レバークーゼン01-02
 ロッソネーロ88-89
 ロッソネーロ98-99
 ローマ00-01
 ローマ07-08
 N-BOX
 浦和06
 大阪G08
 川崎18
 Webサカ(PC版)コンテンツ
 トップへ戻る


 銀狐のあんぱん屋
 トップへ戻る


グランデ・アルビセレスタ

2001年において、アルゼンチン代表チームが採用した3-4-3フォーメーションについての想定予想です。

モデルの想定・その他のケース

左図は、想定予想メンバーです。

アルゼンチン代表は慢性的にGKが安定していなく、この時期もボナーノ、アボンダンシェリ、カバジェロ、ブルゴスらが先発したりしなかったりと固定できていません。

中盤は、ベロンがガジャルドだったり、アルメイダがシメオネだったりとか必ずしも毎試合同じようなメンバーではなかったりはしますが、CB同様にそれなりに固定されてメンバーで戦ってました。

攻撃陣は豪華なメンバーが控えにもズラっと並んでおり、たとえばW杯南米予選のvsペルー戦での布陣ですと、CFWはJ・クルスを使っていたり、別の試合ではクレスポを使っていたりしています。LWGにはC・ロペスがいるし、オルテガの控えにはアイマールがいると、GKが不安定さで入れ替わり立ち代りで試合に出ているのに対して、こちらは逆の意味で誰を使えば良いのか困ってるという状態のようでした。

2001年当時のアルゼンチン代表

監督は、マルセロ・ビエルサ。「ロコ(変人)」の異名を持つ人ですが、その正体は戦術ヲタクという変わり者です。

そんな「変人」がアルゼンチン代表の監督となって選択したシステムは3-3-1-3で、アヤックスやバルサが実戦してきたトータルフットボール的なシステムを採用しておりました。

チームの中心選手たちは、キャリアのピークに近いメンバーが大半で、。そういった才能溢れるメンバーに、トータルフットボールをさせるというビエルサの狙いは見事にハマり、南米W杯予選を圧倒的な強さで勝ちあがります。

そして、翌年の日韓W杯ではフランスと並んで優勝候補の一角と見られていたのですが・・・



Webサカ(PC版)コンテンツトップに戻る

あんぱん屋トップに戻る