チェルシー2014-2015
各フォーメーション
 アーセナル03-04
 アムステルダム94-95
 アルゼンチン98
 アルゼンチン01
 アルゼンチン14
 イタリア94
 イタリア00
 イタリア06
 イタリア12
 イラン97
 イングランド00
 イングランド14
 ヴァレンシア03-04
 ウルグアイ02
 ウルグアイ14
 オランダ74
 オランダ98
 オランダ14
 カテナチオ
 ガラタサライ99-00
 韓国99
 ギリシャ04
 クリスマスツリー
 クロアチア18
 コスタリカ14
 コロンビア13
 コートジボワール14
 スペイン00
 スペイン08
 スペイン12
 セネガル02
 スロベニア00
 チェコ03
 チェルシー04-05
 チェルシー14-15
 チェルシー16-17
 チリ98
 チリ14
 デンマーク86
 ドイツ90
 ドイツ00
 ドイツ14
 ドルトムント11-12
 ドルトムント15-16
 ナポリ11-12
 日本68
 日本96
 日本97
 日本00
 日本01
 日本11
 ネラッズーロ90-91
 ネラッズーロ09-10
 ノルウェー00
 バイエルン00-01
 バイエルン13-14
 バイエルン15-16
 バルセロナ99-00
 バルセロナ04-05
 バルセロナ10-11
 バルセロナ14-15
 パルマ98-99
 パリ12-13
 ビアンコネーロ84-85
 ビアンコネーロ95-96
 ビアンコネーロ02-03
 ビアンコネーロ13-14
 ビアンコネーロ16-17
 ビジャレアル05-06
 ブラジル82
 ブラジル94
 ブラジル98
 ブラジル02
 ブラジル06
 ブラジル14
 フランス82
 フランス00
 フランス04
 フランス14
 フランス16
 フランス18
 ベルギー13
 ポルト03-04
 ポルトガル00
 ポルトガル14
 ポルトガル16
 マドリード01-02
 マドリード11-12
 マドリード13-14
 マドリードA13-14
 マンチェスターU98-99
 マンチェスターU07-08
 マンチェスターC11-12
 モナコ03-04
 ユーゴスラビア94
 ユーゴスラビア00
 ラツィオ99-00
 リヴァプール04-05
 リヴァプール08-09
 ルーマニア00
 レバークーゼン01-02
 ロッソネーロ88-89
 ロッソネーロ98-99
 ローマ00-01
 ローマ07-08
 N-BOX
 浦和06
 大阪G08
 川崎18
 Webサカ(PC版)コンテンツ
 トップへ戻る


 銀狐のあんぱん屋
 トップへ戻る


スペシャルワンの進化形

2014-2015年シーズンにおいて、イングランドのチェルシーFCが採用した4-2-3-1フォーメーションについての想定予想です。

モデルの想定・その他のケース

左図は、2014-2015年シーズンにおけるチェルシーFCのスターティングメンバー想定予想です。

ポストプレイもストライカーもできるディエゴ・コスタの1トップ。本シーズンのチェルシーはカウンター一辺倒ではなく、時にはポゼッションサッカーをすることもあるため、状況に応じたプレースタイルを取れるコスタの存在は大きく、時にエディンやシュールレの上りを待つポストプレーをしたり、時にDFラインをドリブル突破して自らフィニッシュするなど、このチームの大黒柱と言って良い存在です。

攻撃的な中盤は、キレの良いドリブルで左サイドから敵陣を切り裂くアザール、堅実なプレーメイカーであるオスカル、アザールとスタイルが被るものの両サイドをこなすことができるスピードウインガーのシュールレがメインで使われます。

2列目は、その他にも中盤の攻撃的なポジションなら何でもこなせるウィリアンがいて。主にシュールレとレギュラー争い中。

ダブルボランチは、守備的なマティッチと視野の広い司令塔タイプのセスク。
この2人以外には、前年までのレギュラーであったダイナモなラミレスや、バランサーになるミケルなども出番が多いですが、基本的にサブプレイヤー扱いです。

右サイドバックから左にコンバートされたアスピリクエタがLSBのファーストチョイス。ここは2014シーズン前にフェリペ・ルイスを補強していますが、レギュラー奪取にまでは至ってません。
一方、右サイドは守備的なポジションならどこでもこなせるイヴァノビッチがほぼ不動のレギュラー。

CB2人もほぼ不動で、ベテランでキャプテンのテリーと、ケーヒルが力強いディフェンスを見せます。

最後の砦にクルトワ。長年、正GKはツェフが務めていましたが、世代交代を進めたい意向からかレンタル先のアトレチコ・マドリードで大活躍したクルトワをレンタルバックして即レギュラーに抜擢しています。

2014-2015シーズン当時のチェルシーFC

監督は、ポルトガル人の「スペシャル・ワン」ことジョゼ・モウリーニョ。

守備的でカウンター重視の堅守速攻を好む傾向にあり、時に「アンチサッカー」と批判されることもありますが、一方で確実に結果を残していることからも、解説不要の世界最高峰のサッカー指導者の1人と言えるでしょう。

2004〜2007シーズンまで監督を勤めていたチェルシーに復帰したのが2013-14年シーズン。
復帰初年度は、リーグ3位、欧州CLベスト16などタイトルは取れずじまいに終わり、2014-15シーズンはその雪辱を果たすことが至上課題となっています。

前年、タイトルを逃がした一因として上がるのが、決定力不足とカウンターの単調さでした。

これを克服するために、14-15シーズン前の夏補強でディエゴ・コスタ、セスク、ドログバらを補強、年齢から衰えを見せつつあったランパードを放出し、同じくツェフを控えに回して、レンタルバックしたクルトワをレギュラーに抜擢するなどの手を打ちます。

そして、迎えたシーズンではディエゴ・コスタがゴールを量産、セスクが中盤の底から創造的なゲームメイクをし、クルトワは安定感を披露と、補強がズバリ的中。

また、彼らのプレースタイルから、チーム戦術もモウリーニョらしいカウンター一辺倒ではなく、時にはポゼッションサッカーから引いた相手を崩しに行くようなサッカーも増えて、前年多かった格下相手の取りこぼしも減っています。

11月上旬の序盤戦を終えたばかりの時期ですが、リーグや欧州CLのGSを無敗で首位につけるという結果を出しています。



Webサカ(PC版)コンテンツトップに戻る

あんぱん屋トップに戻る