ドルトムント2015-2016
各フォーメーション
 アーセナル03-04
 アムステルダム94-95
 アルゼンチン98
 アルゼンチン01
 アルゼンチン14
 イタリア94
 イタリア00
 イタリア06
 イタリア12
 イラン97
 イングランド00
 イングランド14
 ヴァレンシア03-04
 ウルグアイ02
 ウルグアイ14
 オランダ74
 オランダ98
 オランダ14
 カテナチオ
 ガラタサライ99-00
 韓国99
 ギリシャ04
 クリスマスツリー
 クロアチア18
 コスタリカ14
 コロンビア13
 コートジボワール14
 スペイン00
 スペイン08
 スペイン12
 セネガル02
 スロベニア00
 チェコ03
 チェルシー04-05
 チェルシー14-15
 チェルシー16-17
 チリ98
 チリ14
 デンマーク86
 ドイツ90
 ドイツ00
 ドイツ14
 ドルトムント11-12
 ドルトムント15-16
 ナポリ11-12
 日本68
 日本96
 日本97
 日本00
 日本01
 日本11
 ネラッズーロ90-91
 ネラッズーロ09-10
 ノルウェー00
 バイエルン00-01
 バイエルン13-14
 バイエルン15-16
 バルセロナ99-00
 バルセロナ04-05
 バルセロナ10-11
 バルセロナ14-15
 パルマ98-99
 パリ12-13
 ビアンコネーロ84-85
 ビアンコネーロ95-96
 ビアンコネーロ02-03
 ビアンコネーロ13-14
 ビアンコネーロ16-17
 ビジャレアル05-06
 ブラジル82
 ブラジル94
 ブラジル98
 ブラジル02
 ブラジル06
 ブラジル14
 フランス82
 フランス00
 フランス04
 フランス14
 フランス16
 フランス18
 ベルギー13
 ポルト03-04
 ポルトガル00
 ポルトガル14
 ポルトガル16
 マドリード01-02
 マドリード11-12
 マドリード13-14
 マドリードA13-14
 マンチェスターU98-99
 マンチェスターU07-08
 マンチェスターC11-12
 モナコ03-04
 ユーゴスラビア94
 ユーゴスラビア00
 ラツィオ99-00
 リヴァプール04-05
 リヴァプール08-09
 ルーマニア00
 レバークーゼン01-02
 ロッソネーロ88-89
 ロッソネーロ98-99
 ローマ00-01
 ローマ07-08
 N-BOX
 浦和06
 大阪G08
 川崎18
 Webサカ(PC版)コンテンツ
 トップへ戻る


 銀狐のあんぱん屋
 トップへ戻る


ファンタスティック4

2015-2016年シーズンにおいて、ドイツのボルシア・ドルトムントが採用した4-1-4-1フォーメーションについての想定予想です。

モデルの想定・その他のケース

左図は、2015-2016年シーズン当時のボルシア・ドルトムントについて想定予想のスターティングメンバーです。

FWの1トップにはオーバメヤン。30m走のタイムがウサイン・ボルトのタイムを越えていたため、「世界最速のサッカー選手」という異名を持つ高速ストライカーです。当然、そのスピードを活かし、縦に切り裂く動きをしつつ、ウイングが中へ切り込むのをサポートするためにクロスでデコイランする事も厭いません。

左ウイングのロイス、右ウイングのムヒタリアンは共に、スピードに優れており、中に切れ込んで得点もできるタイプ。ムヒタリアンは、むしろ常に中に切り込みたがるタイプでもあります。

インサイドハーフの1人でもある香川と前述の3人を合わせて「ファンタスティック4(夢のような4人)」と称し、この4人で得点の大半を挙げます。

もう1人のインサイドハーフであるギュンドアンと、アンカーに抜擢されたヴァイグルが中盤の守備を主に受け持ち、カウンターの起点にもなります。

右サイドバックのギンターは、元々センターバックの選手ですが、「ボランチとセンターバックの中間くらい」の位置から、抜群のタイミングで攻め上がり正確なクロスを上げつつ、守備の苦手なムヒタリアンのバックアップ無しで、右サイドのケアを一人で受け持つほどの万能選手。

左サイドバックは、攻めあがるの大好きシュメルツァー。こちらはロイスと連携しながらスピードに乗って前がかり気味。

CBのフンメルスはドルトムントのキャプテンで、守備の大黒柱。
マインツ時代の岡崎に「対人が強い嫌なDF」として名指しされたパパスタソプーロスの2人で中央を固めます。

GKは、前シーズンまで長い事正GKを務めていたヴァイデンフェラーに代わって2015-16シーズンからセービング能力の高いビュルキがリーグ戦およびDBFでのレギュラーとなります。
ヴァイデンフェラーは前シーズンのチームの不振の戦犯ともいわれたくらい調子を落として(年齢的な物?)おりますが、長年のキャリアに敬意を表してかELではレギュラーGKを務めていました。

2015-2016年当時のボルシア・ドルトムント

監督は、ドイツ人のトーマス・トゥヘル。
現役時代はぱっとせず、怪我もあり24歳の若さで引退。大学に通い、アルバイトしながらサッカー指導者の道を目指しています。

当初は、ユースやアンダー年代の育成指導者として実績を積んでいたところ、2009年シーズン開幕直前に、マインツで過激な言動を忌避された前監督が解任。後任として、前年にU-19チームを欧州王者に導いたトゥヘルが急きょ、抜擢されたのでした。

そして、いきなり開幕から7連勝。そのユニークな指導方法も話題になり、一躍、ドイツきっての若き知将として名をはせる事になりました。

マインツを5年間率いて1年の充電期間後に、名将クロップの辞任を受けて、2015-16年シーズンよりドルトムントの監督に就任します。

前任者が残したメンバーの大半が残ったため、戦術的には「ゲーゲンプレス」の高速カウンターを用いる一方、「ファンタスティック4」と呼ばれる4人の攻撃的なアタッカーに自由を与えて、高い攻撃力を発揮させることに成功しています。

5月上旬時点で、ヨーロッパリーグはプレミア2位のトットナムなどを撃破して8強まで進出し、準々決勝でリバプールに敗れています。
また、ブンデスリーガではバイエルン・ミュンヘンに勝ち点6差ながら3位以下には大きな差をつけて2位。DBF杯は決勝まで進出しており、タイトル獲得の目も残しています。



Webサカ(PC版)コンテンツトップに戻る

あんぱん屋トップに戻る