ロッソネーロ1988-1989
各フォーメーション
 アーセナル03-04
 アムステルダム94-95
 アルゼンチン98
 アルゼンチン01
 アルゼンチン14
 イタリア94
 イタリア00
 イタリア06
 イタリア12
 イラン97
 イングランド00
 イングランド14
 ヴァレンシア03-04
 ウルグアイ02
 ウルグアイ14
 オランダ74
 オランダ98
 オランダ14
 カテナチオ
 ガラタサライ99-00
 韓国99
 ギリシャ04
 クリスマスツリー
 コスタリカ14
 コロンビア13
 コートジボワール14
 スペイン00
 スペイン08
 スペイン12
 セネガル02
 スロベニア00
 チェコ03
 チェルシー04-05
 チェルシー14-15
 チェルシー16-17
 チリ98
 チリ14
 デンマーク86
 ドイツ90
 ドイツ00
 ドイツ14
 ドルトムント11-12
 ドルトムント15-16
 ナポリ11-12
 日本96
 日本97
 日本00
 日本01
 日本11
 ネラッズーロ90-91
 ネラッズーロ09-10
 ノルウェー00
 バイエルン00-01
 バイエルン13-14
 バイエルン15-16
 バルセロナ99-00
 バルセロナ04-05
 バルセロナ10-11
 バルセロナ14-15
 パルマ98-99
 パリ12-13
 ビアンコネーロ84-85
 ビアンコネーロ95-96
 ビアンコネーロ02-03
 ビアンコネーロ13-14
 ビアンコネーロ16-17
 ビジャレアル05-06
 ブラジル82
 ブラジル94
 ブラジル98
 ブラジル02
 ブラジル06
 ブラジル14
 フランス82
 フランス00
 フランス04
 フランス14
 フランス16
 フランス18
 ベルギー13
 ポルト03-04
 ポルトガル00
 ポルトガル14
 ポルトガル16
 マドリード01-02
 マドリード11-12
 マドリード13-14
 マドリードA13-14
 マンチェスターU98-99
 マンチェスターU07-08
 マンチェスターC11-12
 モナコ03-04
 ユーゴスラビア94
 ユーゴスラビア00
 ラツィオ99-00
 リヴァプール04-05
 リヴァプール08-09
 ルーマニア00
 レバークーゼン01-02
 ロッソネーロ88-89
 ロッソネーロ98-99
 ローマ00-01
 ローマ07-08
 N-BOX
 浦和06
 大阪G08
 Webサカ(PC版)コンテンツ
 トップへ戻る


 銀狐のあんぱん屋
 トップへ戻る


偉大なる赤(ロッソ)黒(ネロ)

1988-1989年シーズンにおいてイタリアのACミランが採用した4-4-2フォーメーションについての想定予想です。

なお、ゲーム表記の「ロッソネロ」とは、ユニフォームが「赤(ロッソ)黒(ネロ)」であることから、イタリアリーグのACミランで呼ばれている愛称であります。

モデルの想定・その他のケース

左図は、1988-1989年シーズンにおけるACミランを想定したスターティングメンバーです。欧州カップ決勝のvsブカレスト戦で確認されているメンバーでもあります。

4−4−2のフラットなシステムで、いわゆる「ゾーンプレス」を最も華麗に成功させたチームでもあります。

2トップと司令塔にオランダ・トリオのファン・バステン、グーリット、ライカールトがいます彼ら3人が軸になります。

なお、FWに関しては清水エスパルスで引退することになるマッサーロやシモーネなどの名手たちが控えに回っています。

プレッシングサッカーのキモとなる中盤にライカールトは不動として、その他としてはドナドニ、コロンボ、アンチェロッティ、エヴァーニ、フゼールなどが入ります。

ゲーム中ではドナーティが右サイドハーフで活躍するのに、左ではからっきしなので、それを踏まえた想定としています。

最終ラインは不動のリベロであるバレージを中心に、若き日のマルディーニ、コスタクルタ、タソッティといったメンバーで、鉄壁のDFラインを築きあげてました。

1988-1989年当時のACミラン

監督はイタリア人のアリゴ・サッキ。サッカー選手としてのキャリアはなく、独学でサッカー指導者としての理論を身につけ、アマチュアの少年チームの監督から始まり、セリエCのパルマの監督まで這い上がり、コッパ・イタリアでミランを破るという快挙を成し遂げたことから、ACミランの監督として招聘されたのでありました。

1987年にサッキ監督が就任した初年度に、いきなりセリエAを17勝2敗11分で優勝を成し遂げてしまいます。

前年にグーリットとファン・バステンを補強していたミランは、1988年にはライカールトも獲得し、ここにACミランのオランダ・トリオが結集することになるのでした。

リーグ連覇が期待された1988-1989シーズンは3位に終わってしまいますが、欧州CLを準決勝のレアルマドリードを2戦合計6−1で、決勝のブカレスト戦は4−0と、攻撃力を売りにしていた2チームに何もさせない完璧なサッカーを披露して、見事欧州チャンピォンに輝くのでありました。

余談ですが、ACミランはほぼ同じメンバーで翌年の欧州CLも制覇することになり、後に「グランデ・ミラン」と言われたACミラン黄金時代の礎が始まったのでありました。

ゾーンプレス

Jリーグが始まった頃、横浜フリューゲルスや日本代表でも採用され流行語のように扱われた「ゾーンプレス」という、サッカーの戦術ですが、これは別にサッキ監督が始めて使った戦術というわけではありません。

元々はイングランドのリバプールが始めた戦術であり、サッキはナポリで全盛時代を迎えていたマラドーナの対策として、ゾーンプレスを徐々に改良させて、一つの完成形を作り上げたのであります。

リバプールが最初に使ったゾーンプレスは、それまでの中心戦術であったマンマーク+カバーリングという概念から脱却し、相手が攻め込んでくるであろうスペースを先読みしつつ埋めるために、ポジショニングをとるという戦術でありました。

サッキは、そこから更にオフサイドトラップを採用することで、DFラインを高く取る形を作り、中盤と最終ラインの間を狭くして、プレッシングする際にMFとDFが連携しやすい形を整え、ボールを奪ったらすぐにショートカウンターでパス回しをするという機動性を高めたプレッシングサッカーに昇華させたのであります。

これは、サッカーの守備戦術における一つの革命でもありました。
特に、ガチガチ5バック当たり前、守備に人数をかけるのはマンマーク+カバーリングする際の数を増やすためなんて考えがしみついているセリエAでそれを成功させたのは、サッカー選手としてのキャリアがなかったサッキならではの発想だったのかもしれません。



Webサカ(PC版)コンテンツトップに戻る

あんぱん屋トップに戻る