アーセナル2003-2004
各フォーメーション
 アーセナル03-04
 アムステルダム94-95
 アルゼンチン98
 アルゼンチン01
 アルゼンチン14
 イタリア94
 イタリア00
 イタリア06
 イタリア12
 イラン97
 イングランド00
 イングランド14
 ヴァレンシア03-04
 ウルグアイ02
 ウルグアイ14
 オランダ74
 オランダ98
 オランダ14
 カテナチオ
 ガラタサライ99-00
 韓国99
 ギリシャ04
 クリスマスツリー
 クロアチア18
 コスタリカ14
 コロンビア13
 コートジボワール14
 スペイン00
 スペイン08
 スペイン12
 セネガル02
 スロベニア00
 チェコ03
 チェルシー04-05
 チェルシー14-15
 チェルシー16-17
 チリ98
 チリ14
 デンマーク86
 ドイツ90
 ドイツ00
 ドイツ14
 ドルトムント11-12
 ドルトムント15-16
 ナポリ11-12
 日本68
 日本96
 日本97
 日本00
 日本01
 日本11
 ネラッズーロ90-91
 ネラッズーロ09-10
 ノルウェー00
 バイエルン00-01
 バイエルン13-14
 バイエルン15-16
 バルセロナ99-00
 バルセロナ04-05
 バルセロナ10-11
 バルセロナ14-15
 パルマ98-99
 パリ12-13
 ビアンコネーロ84-85
 ビアンコネーロ95-96
 ビアンコネーロ02-03
 ビアンコネーロ13-14
 ビアンコネーロ16-17
 ビジャレアル05-06
 ブラジル82
 ブラジル94
 ブラジル98
 ブラジル02
 ブラジル06
 ブラジル14
 フランス82
 フランス00
 フランス04
 フランス14
 フランス16
 フランス18
 ベルギー13
 ポルト03-04
 ポルトガル00
 ポルトガル14
 ポルトガル16
 マドリード01-02
 マドリード11-12
 マドリード13-14
 マドリードA13-14
 マンチェスターU98-99
 マンチェスターU07-08
 マンチェスターC11-12
 モナコ03-04
 ユーゴスラビア94
 ユーゴスラビア00
 ラツィオ99-00
 リヴァプール04-05
 リヴァプール08-09
 ルーマニア00
 レバークーゼン01-02
 ロッソネーロ88-89
 ロッソネーロ98-99
 ローマ00-01
 ローマ07-08
 N-BOX
 浦和06
 大阪G08
 Webサカ(PC版)コンテンツ
 トップへ戻る


 銀狐のあんぱん屋
 トップへ戻る


無敵の銃士たち

2003-2004シーズンにおいて、イングランドのFCアーセナルが採用した4-4-2フォーメーションについての想定予想です。

モデルの想定・その他のケース

左図は、チャレンジマッチで採用されたメンバーになります。

ヴィエラが怪我して離脱していた頃はエドゥー、RWHのリュングベリのところにはビルトール、キャンベルの相棒CBにトゥーレ以外だとキーオンやシガンなどが入ることもあり、組み合わせ的には色々な選手が使われていますが、システムは一貫してフラットな4−4−2で年間戦っております。

2トップは左寄りでスピードタイプのアンリが得点源。得点力こそ往時に比べて衰えていましたが、巧みなボールさばきでゴール前を脅かすベルカンプが1.5列目に位置取ります。

フラットな中盤は、フィジカルに強い守備的ながらもゲームコントロールもできるセンターハーフ2人に、サイドから切り込んだりクロスを上げる両サイドハーフという、典型的なプレミアリーグの中盤スタイル。

4バックも同様にラインを高めにとり、中盤との連携を密にし守備ブロックを作ってゾーンで対応するスタイル。
センターバックの2人は当たりに強くかつ、裏を狙われた時には素早く戻れるスピードの両方を兼ね備えた2人で、サイドバックも攻守に切り替えの早いタイプの2人です。

最後の砦は、ドイツのレーマン。長年ガンナーズ(アーセナルの愛称)のゴールを守ってきたシーマン退団後に正GK候補として加入し見事に活躍。この活躍からドイツ代表でもカーンから正GKのポジションを奪取することに成功するなど、脂の乗り切った時代を過ごしていました。

2003-2004シーズン当時のFCアーセナル

アーセン・ベンゲル監督が、他チームから引き抜いてきた若手を育てて、ショートパスを多用した華麗で攻撃的なチームとしてガンナーズをプレミアリーグの強豪に仕立て上げました。

その集大成とも言えるシーズンが2003-2004シーズンで、この年、プレミアリーグを26勝12分0敗、つまり1度も負けることなく優勝するという偉業を成し遂げ、その強さは「ザ・インビジブル(無敵チーム)」とも名づけられたものでした。

アーセン・ベンゲル

かつて、Jリーグの名古屋グランパスで監督を務めたこともあり、日本人にはなじみ深い監督とも言えるアーセン・ベンゲル。アーセナル就任当初は世界的に無名であった彼も、結果を出して実績を積み上げた結果、世界的な名将の1人として、ビッグクラブとしては珍しく実に15年以上アーセナルで監督を続けています。

2003-2004年シーズンの時点でアーセナルを率いて8年目になろうとしていました。

就任当初こそ、カウンターサッカーによる堅守速攻を標榜してましたが、2000年代に入るころには、当時、かなり閉鎖的だったプレミアリーグでは珍しくフランスを中心に外国人選手を積極的に補強し、攻撃的なチームに変貌させる事に成功。

プレミアリーグの強豪クラブの中では、比較的財政面で制限のあるクラブであり、運営方針としては若手を育成しながら強いチームを作ることを基本としており、その点がベンゲルの手腕にぴったりマッチしたと言えましょう。



Webサカ(PC版)コンテンツトップに戻る

あんぱん屋トップに戻る