スペイン2000
各フォーメーション
 アーセナル03-04
 アムステルダム94-95
 アルゼンチン98
 アルゼンチン01
 アルゼンチン14
 イタリア94
 イタリア00
 イタリア06
 イタリア12
 イラン97
 イングランド00
 イングランド14
 ヴァレンシア03-04
 ウルグアイ02
 ウルグアイ14
 オランダ74
 オランダ98
 オランダ14
 カテナチオ
 ガラタサライ99-00
 韓国99
 ギリシャ04
 クリスマスツリー
 コスタリカ14
 コロンビア13
 コートジボワール14
 スペイン00
 スペイン08
 スペイン12
 セネガル02
 スロベニア00
 チェコ03
 チェルシー04-05
 チェルシー14-15
 チェルシー16-17
 チリ98
 チリ14
 デンマーク86
 ドイツ90
 ドイツ00
 ドイツ14
 ドルトムント11-12
 ドルトムント15-16
 ナポリ11-12
 日本96
 日本97
 日本00
 日本01
 日本11
 ネラッズーロ90-91
 ネラッズーロ09-10
 ノルウェー00
 バイエルン00-01
 バイエルン13-14
 バイエルン15-16
 バルセロナ99-00
 バルセロナ04-05
 バルセロナ10-11
 バルセロナ14-15
 パルマ98-99
 パリ12-13
 ビアンコネーロ84-85
 ビアンコネーロ95-96
 ビアンコネーロ02-03
 ビアンコネーロ13-14
 ビアンコネーロ16-17
 ビジャレアル05-06
 ブラジル82
 ブラジル94
 ブラジル98
 ブラジル02
 ブラジル06
 ブラジル14
 フランス82
 フランス00
 フランス04
 フランス14
 フランス16
 ベルギー13
 ポルト03-04
 ポルトガル00
 ポルトガル14
 ポルトガル16
 マドリード01-02
 マドリード11-12
 マドリード13-14
 マドリードA13-14
 マンチェスターU98-99
 マンチェスターU07-08
 マンチェスターC11-12
 モナコ03-04
 ユーゴスラビア94
 ユーゴスラビア00
 ラツィオ99-00
 リヴァプール04-05
 リヴァプール08-09
 ルーマニア00
 レバークーゼン01-02
 ロッソネーロ88-89
 ロッソネーロ98-99
 ローマ00-01
 ローマ07-08
 N-BOX
 浦和06
 大阪G08
 Webサカ(PC版)コンテンツ
 トップへ戻る


 銀狐のあんぱん屋
 トップへ戻る


スペイン無敵無冠艦隊

2000年において、スペイン代表が採用した4-4-1-1フォーメーションについての想定予想です。

モデルの想定・その他のケース

左図は、2000年当時のスペイン代表について想定予想のスターティングメンバーです。
実際のスペイン代表は、結構、色々な選手を入れ替えて使ってます。例えば、LWHはバレロンやフランであることも多いのですが、このゲームではSポジっぽいので、スピードタイプのムニティスを想定してます。また、2000年にかぎるとイエロが試合に出てない時が意外に多くて、代わりにパコが使われているケースもよく見受けられます。

セカンドトップのラウルとビボーテのグアルディオラは基本的に不動。アタッカーはアルフォンソ以外ですと、モリエンテスやウルサイス、エチェベリア、ゲレーロといったメンバーが使われてます。

基本的にはグアルディオラから左右にパスを散らし、両サイドハーフの突破から中央で構えるCFWの2人にラストパスを出すというオーソドックスな戦法を得意としてました。

2000年当時のスペイン代表

監督は、1998年のEURO2000欧州予選途中から代表監督に就任した、ホセ・アントニオ・カマーチョ監督。
選手時代は、レアル・マドリードの中心人物として活躍した人で、スペイン代表選手としても実績がありましたが、指導者としては代表監督就任までは、さほどぱっとしない実績で、前任のクレメンテ監督が電撃解任されたため、急遽、押し出されるように抜擢された感じもありました。

それでも、EURO2000の予選で格下のキプロスに負けて動揺していた代表チームを上手いこと建て直すことに成功。その後は予選で圧倒的な強さをみせつけ、EURO2000本選が始まる頃には優勝候補の一角と目されるほどにまで、チームがまとまります。

攻守にバランスが良く、ベテランと若手のバランスも良い、なんとも優等生的なチーム。そんな隙のなさげな無敵艦隊ですが、レパント海戦の十数年後にアルマダで壊滅した無敵艦隊のごとく、EURO2000ではいきなりノルウェーに負けたりするなど苦戦を強いられます。

スロベニアには勝ったものの、グループリーグ3戦目は東欧のブラジルことユーゴスラビア代表が相手。この強敵に最低でも勝たなくてはグループリーグ突破が難しい状況になります。

この試合は大激戦になり。ユーゴスラビアが勝ち越してはスペインが追いつくという展開で、後半ロスタイムに突入した時点ではユーゴが3−2でリード。このままスペイン無敵艦隊撃沈かと思わせましたが、ロスタイムの残り3分で2点を取って、見事に逆転勝ち。結果的にグループリーグを首位で突破することになります。

決勝トーナメントの初戦は、98W杯覇者のフランス。試合の方は圧倒的にフランスに押し込まれる展開になりますが、スペインもよく粘ります。
この試合も、1-2のビハインドで後半ロスタイム。ここでスペインがPKを獲得し、ユーゴ戦同様、ここからの逆転劇なるかと思われましたが、このPKをラウルが大きく外してしまいます。

更に、残り数十秒という時に、決定機がやってきますが、これもウルサイスが決められず、そこで試合終了

PKを外してしまったラウルは、ユニフォーム交換の後、もらったユニフォームを頭からかぶり、顔を隠しながらピッチを後にします。そして、この日からラウルがPKを再び蹴れるようになるまで4年の歳月が必要となってしまうのでした。



Webサカ(PC版)コンテンツトップに戻る

あんぱん屋トップに戻る