チリ1998
各フォーメーション
 アーセナル03-04
 アムステルダム94-95
 アルゼンチン98
 アルゼンチン01
 アルゼンチン14
 イタリア94
 イタリア00
 イタリア06
 イタリア12
 イラン97
 イングランド00
 イングランド14
 ヴァレンシア03-04
 ウルグアイ02
 ウルグアイ14
 オランダ74
 オランダ98
 オランダ14
 カテナチオ
 ガラタサライ99-00
 韓国99
 ギリシャ04
 クリスマスツリー
 クロアチア18
 コスタリカ14
 コロンビア13
 コートジボワール14
 スペイン00
 スペイン08
 スペイン12
 セネガル02
 スロベニア00
 チェコ03
 チェルシー04-05
 チェルシー14-15
 チェルシー16-17
 チリ98
 チリ14
 デンマーク86
 ドイツ90
 ドイツ00
 ドイツ14
 ドルトムント11-12
 ドルトムント15-16
 ナポリ11-12
 日本68
 日本96
 日本97
 日本00
 日本01
 日本11
 ネラッズーロ90-91
 ネラッズーロ09-10
 ノルウェー00
 バイエルン00-01
 バイエルン13-14
 バイエルン15-16
 バルセロナ99-00
 バルセロナ04-05
 バルセロナ10-11
 バルセロナ14-15
 パルマ98-99
 パリ12-13
 ビアンコネーロ84-85
 ビアンコネーロ95-96
 ビアンコネーロ02-03
 ビアンコネーロ13-14
 ビアンコネーロ16-17
 ビジャレアル05-06
 ブラジル82
 ブラジル94
 ブラジル98
 ブラジル02
 ブラジル06
 ブラジル14
 フランス82
 フランス00
 フランス04
 フランス14
 フランス16
 フランス18
 ベルギー13
 ポルト03-04
 ポルトガル00
 ポルトガル14
 ポルトガル16
 マドリード01-02
 マドリード11-12
 マドリード13-14
 マドリードA13-14
 マンチェスターU98-99
 マンチェスターU07-08
 マンチェスターC11-12
 モナコ03-04
 ユーゴスラビア94
 ユーゴスラビア00
 ラツィオ99-00
 リヴァプール04-05
 リヴァプール08-09
 ルーマニア00
 レバークーゼン01-02
 ロッソネーロ88-89
 ロッソネーロ98-99
 ローマ00-01
 ローマ07-08
 N-BOX
 浦和06
 大阪G08
 川崎18
 Webサカ(PC版)コンテンツ
 トップへ戻る


 銀狐のあんぱん屋
 トップへ戻る


ササ様に願いを

1998年シーズンにおいて、チリ代表が採用した4-4-2フォーメーションについての想定予想です。

モデルの想定・その他のケース

左図は、1998年フランスワールドカップにおけるチリ代表のスターティングメンバー想定予想です。

ただ、どうも4−4−2というよりも、実際は5−3−2に近いようです。

ウイングバックを想定配置にしたアクーニャとパラグエスはサイドというよりもセンターハーフ的なポジションをとっているようで、DHに想定配置したレイエスも、どちらかといえばセンターバックっぽいんですよね。
実際にゲームではどのような扱いになっているのかは、今後の検討次第で明らかになっていくでしょう。

何といっても、このチームは「サ・サ」コンビの2トップ。サモラノ・サラスの決定力とポストプレイ力にかかってます。

逆に言うと、ワンマンならぬツーマンチームであり、この2人の出来にチームが大きく左右されてしまうのが強みとも弱点ともいえるでしょう。

1998年当時のチリ代表

監督は、ウルグアイ人のネルソン・アコスタ。主にウルグアイとチリのクラブチームを率いてますが、1998年当時を含めて3回チリ代表監督に就任している指導者です。

1996年のワールドカップ予選から2回目のチリ代表監督に就任し、サ・サコンビを中心としたカウンターによる堅守速攻のチームを作り上げ、その驚異的な得点力は南米予選を1位通過したアルゼンチンよりも上で、南米予選を4位で通過します。

迎えたフランスワールドカップ本大会。予選グループB組でイタリア、オーストリア、カメルーンと同組。

このグループリーグで、チリは3戦全て引き分けながら、イタリアに続く2位で予選通過を果たします。

しかしながら、決勝トーナメント1回戦の相手は、優勝候補のブラジル。

この強豪相手に、チリは良いように弄ばれ、結局良いところなしの1−4で完敗するのでした。



Webサカ(PC版)コンテンツトップに戻る

あんぱん屋トップに戻る