クリスマスツリー
各フォーメーション
 アーセナル03-04
 アムステルダム94-95
 アルゼンチン98
 アルゼンチン01
 アルゼンチン14
 イタリア94
 イタリア00
 イタリア06
 イタリア12
 イラン97
 イングランド00
 イングランド14
 ヴァレンシア03-04
 ウルグアイ02
 ウルグアイ14
 オランダ74
 オランダ98
 オランダ14
 カテナチオ
 ガラタサライ99-00
 韓国99
 ギリシャ04
 クリスマスツリー
 クロアチア18
 コスタリカ14
 コロンビア13
 コートジボワール14
 スペイン00
 スペイン08
 スペイン12
 セネガル02
 スロベニア00
 チェコ03
 チェルシー04-05
 チェルシー14-15
 チェルシー16-17
 チリ98
 チリ14
 デンマーク86
 ドイツ90
 ドイツ00
 ドイツ14
 ドルトムント11-12
 ドルトムント15-16
 ナポリ11-12
 日本68
 日本96
 日本97
 日本00
 日本01
 日本11
 ネラッズーロ90-91
 ネラッズーロ09-10
 ノルウェー00
 バイエルン00-01
 バイエルン13-14
 バイエルン15-16
 バルセロナ99-00
 バルセロナ04-05
 バルセロナ10-11
 バルセロナ14-15
 パルマ98-99
 パリ12-13
 ビアンコネーロ84-85
 ビアンコネーロ95-96
 ビアンコネーロ02-03
 ビアンコネーロ13-14
 ビアンコネーロ16-17
 ビジャレアル05-06
 ブラジル82
 ブラジル94
 ブラジル98
 ブラジル02
 ブラジル06
 ブラジル14
 フランス82
 フランス00
 フランス04
 フランス14
 フランス16
 フランス18
 ベルギー13
 ポルト03-04
 ポルトガル00
 ポルトガル14
 ポルトガル16
 マドリード01-02
 マドリード11-12
 マドリード13-14
 マドリードA13-14
 マンチェスターU98-99
 マンチェスターU07-08
 マンチェスターC11-12
 モナコ03-04
 ユーゴスラビア94
 ユーゴスラビア00
 ラツィオ99-00
 リヴァプール04-05
 リヴァプール08-09
 ルーマニア00
 レバークーゼン01-02
 ロッソネーロ88-89
 ロッソネーロ98-99
 ローマ00-01
 ローマ07-08
 N-BOX
 浦和06
 大阪G08
 Webサカ(PC版)コンテンツ
 トップへ戻る


 銀狐のあんぱん屋
 トップへ戻る


ミラノの街のクリスマスツリー

一般的にACミランが採用したクリスマスツリーと呼ばれる4-3-2-1フォーメーションについての想定予想です。

モデルの想定・その他のケース

俗にACミランでクリスマスツリーと呼ばれる4-3-2-1型のシステムが最初に見受けられたのは、2004-2005シーズンです。

左図@は、ゲームでの想定図になります。これ、本来の2004-2005ACミランですと、FWはクレスポで、CBの2人は左右が逆(ついでに言えば、スタムよりもカラーゼの方が試合に出てたりします)であるはずなのですが、ゲーム内で活躍する選手の傾向から逆算で判断すると、こういう想定になるのではないかと予想します。

なお、左図Aは、2007年欧州CLの決勝vsリヴァプールで採用されたクリスマスツリーです。
この時期では、既にルイ・コスタはミランを退団しており、メンバーも半分は変更されてますが、カカ・ピルロ・ネスタあたりは不動のメンバーと言って良さそうです。

2004-2005シーズン当時のACミラン

当時の監督はカルロ・アンチェロッティ。ACミランの選手としても監督としても欧州CL制覇を経験しており、大舞台に強い人物としても知られています。

戦術的には、ボックス型の4-4-2を採用することも数試合ありましたが、主に中盤に3人のセンターハーフを並べてサイドアタッカーを使わないシステムを好み、2004-2005はクリスマスツリーを使わない時(というかメインシステム)は、4-3-1-2を採用しております。

2003-2004シーズンは2位に大差をつけて優勝しており、このシーズンもシェフチェンコやカカ・ルイ・コスタらが健在で、当然ながら連覇が期待されておりました。

序盤にユベントスが抜け出し、それをミランが追いかける展開となります。シーズン後半に入り、一時はミランが首位に立つ時期もあったのですが、第35節目の天王山でユベントスに負けてから最終38節まで残り試合は下位チーム相手に引き分けに終わり、2位に終わってしまいます。

また、欧州CLも順調に勝ち進み、決勝のリバプール相手に前半までに3−0とリードし、欧州制覇はほぼ決まったと思わせながら、後半の土壇場に追いつかれ、最後はPK戦で負けてしまいました。後に「イスタンブールの悲劇」と呼ばれる、CL史上屈指の大逆転劇で引き立て役となってしまったのです。

クリスマスツリーへの執念

アンチェロッティ監督は、2004-2005シーズン序盤は4-4-2、4-3-1-2、クリスマスツリーの3つのシステムを相手によって使い分けておりましたが、クリスマスツリーを採用する時は、インザーギ、シェフチェンコ、クレスポ、トマソンといったの4人の強力なFWの内の1人しか採用できないというジレンマもありました。

そのジレンマをミランの名物オーナーであるベルルスコーニ(元イタリア首相)に「強力なFWが沢山いるチームなのに、1人しかFWを使えないようなシステムを採用するのは宜しいことではない」と批判されてしまいます。

それでも、リーグ戦などでは結果を出していたので、そのような批判も大きなものにはならなかったのですが、欧州CLの準決勝vsPSVアイントフォーヘン戦の2ndレグで、クリスマスツリーを採用し1-3で完敗。アウェーゴールの差で何とか勝ち抜けることができたのですが、ホームで2-0で完封した相手に逆にしてやられてしまったことから、急速にクリスマスツリーへの批判が高まり、結局、その後はクリスマスツリーを封印することになります。

再びクリスマスツリーが本格的にお目見えすることになったのは、2年後の2006-2007年シーズン。

このシーズンのミランには、シェフチェンコもクレスポもトマソンも退団しており、インザーギは怪我がちで不振。
これで、アンチェロッティもハラをくくったらしく、堂々と4-3-2-1であるクリスマスツリーをメインシステムに据えて、シーズンに臨みます。

結果的にセリエAではシーズン序盤の不振がたたり4位に終わるものの、欧州CLは決勝で「イスタンブールの悲劇」の相手であるリバプールにクリスマスツリーでリベンジを果たし、欧州制覇を成し遂げるのでありました。



Webサカ(PC版)コンテンツトップに戻る

あんぱん屋トップに戻る