チェコ2003
各フォーメーション
 アーセナル03-04
 アムステルダム94-95
 アルゼンチン98
 アルゼンチン01
 アルゼンチン14
 イタリア94
 イタリア00
 イタリア06
 イタリア12
 イラン97
 イングランド00
 イングランド14
 ヴァレンシア03-04
 ウルグアイ02
 ウルグアイ14
 オランダ74
 オランダ98
 オランダ14
 カテナチオ
 ガラタサライ99-00
 韓国99
 ギリシャ04
 クリスマスツリー
 クロアチア18
 コスタリカ14
 コロンビア13
 コートジボワール14
 スペイン00
 スペイン08
 スペイン12
 セネガル02
 スロベニア00
 チェコ03
 チェルシー04-05
 チェルシー14-15
 チェルシー16-17
 チリ98
 チリ14
 デンマーク86
 ドイツ90
 ドイツ00
 ドイツ14
 ドルトムント11-12
 ドルトムント15-16
 ナポリ11-12
 日本68
 日本96
 日本97
 日本00
 日本01
 日本11
 ネラッズーロ90-91
 ネラッズーロ09-10
 ノルウェー00
 バイエルン00-01
 バイエルン13-14
 バイエルン15-16
 バルセロナ99-00
 バルセロナ04-05
 バルセロナ10-11
 バルセロナ14-15
 パルマ98-99
 パリ12-13
 ビアンコネーロ84-85
 ビアンコネーロ95-96
 ビアンコネーロ02-03
 ビアンコネーロ13-14
 ビアンコネーロ16-17
 ビジャレアル05-06
 ブラジル82
 ブラジル94
 ブラジル98
 ブラジル02
 ブラジル06
 ブラジル14
 フランス82
 フランス00
 フランス04
 フランス14
 フランス16
 フランス18
 ベルギー13
 ポルト03-04
 ポルトガル00
 ポルトガル14
 ポルトガル16
 マドリード01-02
 マドリード11-12
 マドリード13-14
 マドリードA13-14
 マンチェスターU98-99
 マンチェスターU07-08
 マンチェスターC11-12
 モナコ03-04
 ユーゴスラビア94
 ユーゴスラビア00
 ラツィオ99-00
 リヴァプール04-05
 リヴァプール08-09
 ルーマニア00
 レバークーゼン01-02
 ロッソネーロ88-89
 ロッソネーロ98-99
 ローマ00-01
 ローマ07-08
 N-BOX
 浦和06
 大阪G08
 Webサカ(PC版)コンテンツ
 トップへ戻る


 銀狐のあんぱん屋
 トップへ戻る


小道を駆け抜けるタレント達

2003年シーズンにおいて、チェコ代表が採用した4-1-4-1フォーメーションについての想定予想です。

モデルの想定・その他のケース

左図は、2003年におけるチェコ代表のスターティングメンバー想定予想です。

ロシツキーとネドヴェドが上がったり下がったりを繰り返しながらゲームを作り、コレルのポストプレーからサイドハーフの2人の速攻を仕掛けるなど、スピード感のあるその攻撃は、どこからでもパスが出せ、どこからでも点が取れるという「ウルチカ(小道)」を通すパスサッカーの醍醐味です。

なお、基本は4-5-1なのですが、ロシツキーかスミチェル下げて、代わりにFWのバロシュを入れることで、ひし形中盤の4−4−2で組むこともあったようです。

中盤から前はほぼ安心できるメンバーが集まっているのですが、一方でディフェンスラインは若干、微妙というか、能力高い若手で構成されているけど、経験不足というメンバーになっています。

ただ、当事は丁度、ディフェンスラインはGK含めて世代交代の時期であり、その攻撃力の高さに任せて、多少の守備のほころびは目をつぶるくらいに思っていたのか、メンバー的には入れ替えはほとんどありませんでした。

2003年当時のチェコ代表

監督は、カレル・ブリュックナー。主にチェコのクラブチームを率いてキャリアを積み上げ、代表監督に抜擢される直前は4年間U-21代表監督を努めていたため、その当時の若手を代表に抜擢しながら、前任者と対立して代表引退をほのめかしてすらいたネドヴェドら中心選手とのバランスを上手くとることに成功しました。

選手たちの多くが欧州のビッグクラブに所属しているように、元々の下地はレベルの高いものがあったものの、各人の我の強さが災いしてチームとしてバラバラであったチェコ代表をサッカーチームとして1つにまとめあげたことで、その実力を発揮させます。

EURO2004予選。オランダと同組になり、事実上の一騎打ちと言われてはいましたが、8試合で7勝0敗1分23得点5失点という素晴らしい成績を残して本大会へと駒を進めることになりました。

なお、余談ですが、2004年のEURO本大会では、4-1-4-1ではなく、ほぼ全試合4-4-2で戦ってます。想定図には載ってないバロシュが5得点で大会得点王。オランダと並んで攻撃的サッカーで観客を魅せつつベスト4という結果を残しました。



Webサカ(PC版)コンテンツトップに戻る

あんぱん屋トップに戻る