ポルトガル2000
各フォーメーション
 アーセナル03-04
 アムステルダム94-95
 アルゼンチン98
 アルゼンチン01
 アルゼンチン14
 イタリア94
 イタリア00
 イタリア06
 イタリア12
 イラン97
 イングランド00
 イングランド14
 ヴァレンシア03-04
 ウルグアイ02
 ウルグアイ14
 オランダ74
 オランダ98
 オランダ14
 カテナチオ
 ガラタサライ99-00
 韓国99
 ギリシャ04
 クリスマスツリー
 クロアチア18
 コスタリカ14
 コロンビア13
 コートジボワール14
 スペイン00
 スペイン08
 スペイン12
 セネガル02
 スロベニア00
 チェコ03
 チェルシー04-05
 チェルシー14-15
 チェルシー16-17
 チリ98
 チリ14
 デンマーク86
 ドイツ90
 ドイツ00
 ドイツ14
 ドルトムント11-12
 ドルトムント15-16
 ナポリ11-12
 日本68
 日本96
 日本97
 日本00
 日本01
 日本11
 ネラッズーロ90-91
 ネラッズーロ09-10
 ノルウェー00
 バイエルン00-01
 バイエルン13-14
 バイエルン15-16
 バルセロナ99-00
 バルセロナ04-05
 バルセロナ10-11
 バルセロナ14-15
 パルマ98-99
 パリ12-13
 ビアンコネーロ84-85
 ビアンコネーロ95-96
 ビアンコネーロ02-03
 ビアンコネーロ13-14
 ビアンコネーロ16-17
 ビジャレアル05-06
 ブラジル82
 ブラジル94
 ブラジル98
 ブラジル02
 ブラジル06
 ブラジル14
 フランス82
 フランス00
 フランス04
 フランス14
 フランス16
 フランス18
 ベルギー13
 ポルト03-04
 ポルトガル00
 ポルトガル14
 ポルトガル16
 マドリード01-02
 マドリード11-12
 マドリード13-14
 マドリードA13-14
 マンチェスターU98-99
 マンチェスターU07-08
 マンチェスターC11-12
 モナコ03-04
 ユーゴスラビア94
 ユーゴスラビア00
 ラツィオ99-00
 リヴァプール04-05
 リヴァプール08-09
 ルーマニア00
 レバークーゼン01-02
 ロッソネーロ88-89
 ロッソネーロ98-99
 ローマ00-01
 ローマ07-08
 N-BOX
 浦和06
 大阪G08
 川崎18
 Webサカ(PC版)コンテンツ
 トップへ戻る


 銀狐のあんぱん屋
 トップへ戻る


「黄金世代」の輝き

2000年において、ポルトガルが採用した4-5-1フォーメーションについての想定予想です。

モデルの想定・その他のケース

左図は、2000年当時のポルトガル代表について想定予想のスターティングメンバーです。

この当時、決定力不足を補うために、中盤の構成力を活かしつつウイングハーフがクロスおよび自らフィニッシュする4-2-3-1が流行ってました。この頃のポルトガルも正にそれ、中盤にレベルの高い人材を多く抱えつつも、慢性的にFWが決定力不足に陥っていたことから、このシステムが長いことポルトガル代表のスタンダードになっていきます。

この頃のポルトガルは、1989年、1991年のワールドユースを連覇したいわゆる「黄金世代」のメンバーが中心になってます。

司令塔ルイ・コスタ、ウイングハーフのフィーゴ、中盤の底にパウロ・ソウザ、センターバックはジョルジュ・コスタにコウトなどがA代表でも主力をつとめます。

悩みの種はセンターフォワードで、黄金世代のピントや、他にもパウレタなどがいましたが、EURO2000ではヌノ・ゴメスが活躍しており、これからの飛躍が期待されていました。

2000年当時のポルトガル代表

監督は、ポルトガル人のウンベルト・コエリョ。現役時代はポルトガル代表のセンターバックとして活躍し、ポルトガルサッカー史上最も優れたDFとされていました。

引退直後にポルトガルのクラブチームで2年ほど監督を務めた後、10年ほど現場から離れていたようですが、1997年、フランスW杯の欧州予選敗退を受けて、解任されたジョルジェ監督の後を受けて代表監督に就任することになります。

余談ですが、このコエリョ監督、ポルトガル代表監督を辞任した後、いくつかのナショナルチーム監督とクラブチーム監督に就任しているのですが、例えば韓国代表監督ではW杯予選やアジアカップ予選などで格下(モルディブとかベトナムとか)相手に引き分けたり負けたりして解任。チュニジア代表監督では3大会連続で出場していたW杯のアフリカ予選で敗退して解任するなど、正直言ってロクな結果を残せず解任されるというパターンを続けてしまっています。

さて、EURO2000でのポルトガル代表ですが、「黄金世代」のキャリアピークの時代でもあるため、前評判は高いものあがありました。
予選は2位でしたが、2位の中で最も成績が良かったためプレーオフ免除の予選通過を果たしています。

本戦のグループリーグはイングランド、ドイツ、ルーマニアと同組の「死のグループ」に入ってしまいますが、ここを3勝0敗で首位突破。

決勝トーナメントも1回戦のトルコを2−0で軽く一蹴し、優勝候補のフランスと準決勝で激突します。

この準決勝は延長戦までもつれこみフランスを苦しめますが、延長後半に微妙な判定からPKを取られて、それが決勝Vゴールとなってしまいベスト4で敗退という結果に終わります。

なお、この判定を巡って、ヌノ・ゴメスらが審判に執拗に食い下がってしまったため、3人の選手が半年近い出場停止処分を食らってしまうという後味の悪い結末が待っていたのでした・・・



Webサカ(PC版)コンテンツトップに戻る

あんぱん屋トップに戻る