ドイツ2000
各フォーメーション
 アーセナル03-04
 アムステルダム94-95
 アルゼンチン98
 アルゼンチン01
 アルゼンチン14
 イタリア94
 イタリア00
 イタリア06
 イタリア12
 イラン97
 イングランド00
 イングランド14
 ヴァレンシア03-04
 ウルグアイ02
 ウルグアイ14
 オランダ74
 オランダ98
 オランダ14
 カテナチオ
 ガラタサライ99-00
 韓国99
 ギリシャ04
 クリスマスツリー
 コスタリカ14
 コロンビア13
 コートジボワール14
 スペイン00
 スペイン08
 スペイン12
 セネガル02
 スロベニア00
 チェコ03
 チェルシー04-05
 チェルシー14-15
 チェルシー16-17
 チリ98
 チリ14
 デンマーク86
 ドイツ90
 ドイツ00
 ドイツ14
 ドルトムント11-12
 ドルトムント15-16
 ナポリ11-12
 日本96
 日本97
 日本00
 日本01
 日本11
 ネラッズーロ90-91
 ネラッズーロ09-10
 ノルウェー00
 バイエルン00-01
 バイエルン13-14
 バイエルン15-16
 バルセロナ99-00
 バルセロナ04-05
 バルセロナ10-11
 バルセロナ14-15
 パルマ98-99
 パリ12-13
 ビアンコネーロ84-85
 ビアンコネーロ95-96
 ビアンコネーロ02-03
 ビアンコネーロ13-14
 ビアンコネーロ16-17
 ビジャレアル05-06
 ブラジル82
 ブラジル94
 ブラジル98
 ブラジル02
 ブラジル06
 ブラジル14
 フランス82
 フランス00
 フランス04
 フランス14
 フランス16
 ベルギー13
 ポルト03-04
 ポルトガル00
 ポルトガル14
 ポルトガル16
 マドリード01-02
 マドリード11-12
 マドリード13-14
 マドリードA13-14
 マンチェスターU98-99
 マンチェスターU07-08
 マンチェスターC11-12
 モナコ03-04
 ユーゴスラビア94
 ユーゴスラビア00
 ラツィオ99-00
 リヴァプール04-05
 リヴァプール08-09
 ルーマニア00
 レバークーゼン01-02
 ロッソネーロ88-89
 ロッソネーロ98-99
 ローマ00-01
 ローマ07-08
 N-BOX
 浦和06
 大阪G08
 Webサカ(PC版)コンテンツ
 トップへ戻る


 銀狐のあんぱん屋
 トップへ戻る


最後の3バックリベロシステム

2000年シーズンにおいて、ドイツが採用した3-5-2フォーメーションについての想定予想です。

モデルの想定・その他のケース

左図は、2000年当時のドイツ代表について想定予想のスターティングメンバーです。

この年のメンバーは色んな選手が試されており、Webサカでは何を想定しているのかを予想するのが極めて難しいので、自信はありません。

リベロはマテウスで、中盤の底にハマンとイェレミースを入れましたが、2000年のドイツ代表でノボトニーが一番試合に出ているのとイェレミースがそんなに試合に出ていない事を考えると、リベロにノボトニー、LDHマテウス、RDHハマンという布陣想定もありえるのかも・・・?ただ、リベロがキーポジ扱いになっているのでマテウス想定かなあ、というのが判断材料です。

中盤のトップ下と右サイドハーフも判断が難しく、キーポジとしているトップ下にショルかヘスラーのどちらが入るかによって、右サイドハーフもショルかダイスラーかになりそう。

FWもパワー型2人という事で、とりあえずビアホフとヤンカーにしましたが、パワー型というならツィークラー、リンク、キルシュテンあたりも該当しそうです・・・

とにかく、この当時のドイツ代表はかなり迷走してしまっており、色んな選手が色んなポジションで試されているのが特徴と言えます。

2000年当時のドイツ代表

監督は、1998年フランスW杯後に代表監督に就任したエーリッヒ・リベック。バイエルンやドルトムントなどブンデスリーガのビッグクラブの監督を歴任した実績のある監督ですが、代表監督就任直前の2年間ブランクがあり、久しぶりの現場復帰と言うことで、国内では多少の懸念を持たれた人事でもありました。

ドイツ代表は1990年の東西ドイツ統合後も、サッカー大国としての地位を堅実に守り続けていましたが、1998年のフランスW杯の頃は、1990年代を支えてきた選手たちの高齢化、若手の伸び悩みなどの問題が顕在化し始め、準々決勝のクロアチア相手に0−3でまるで良いところなく敗れた試合にドイツ崩壊の兆候が見受けられるようになってきます。

EURO2000の時期も、若手に切り替えようとしても、中々活躍してくれない。そうなると、サッカー大国としての結果は残したいから、どうしても実績あるベテランに頼ってしまうという悪循環に陥り、結局、1998年のW杯時に衰えを露呈していた39歳のマテウスの代表召集という手に出ます。

2000年前後のサッカー界において、最も隆盛を誇っていた戦術はカウンターからのサイドアタックでありました。
この戦術に対しての3バックのリベロシステムというのは実に相性の悪い代物なのですが、ドイツ代表はベッケンバウアー以来の伝統システムを変えることをしなかったために、その大役を担う人物としてマテウスに頼らざるを得なかったというのが真相でした。

しかし、39歳のマテウスに当時の最先端戦術に対処できるほどの能力はもはやなく、EURO2000では一次リーグを最下位で敗退。

ドイツサッカー史上まれにみる大惨敗を喫してしまい、その批判の矛先にたったリベック監督は辞任を余儀なくされ、マテウスもほどなく引退することになります。

この大惨敗の後を受けたルディ・フェラー監督はリベロを使ったシステムからの脱却を目指し、スイーパー型3バックや4バックシステムを採用するようになり、若手の台頭の期間が重なったこともあって、ドイツ伝統の3バックリベロシステムは徐々に採用される回数が減っていくことになるのでした。



Webサカ(PC版)コンテンツトップに戻る

あんぱん屋トップに戻る