ノルウェー2000
各フォーメーション
 アーセナル03-04
 アムステルダム94-95
 アルゼンチン98
 アルゼンチン01
 アルゼンチン14
 イタリア94
 イタリア00
 イタリア06
 イタリア12
 イラン97
 イングランド00
 イングランド14
 ヴァレンシア03-04
 ウルグアイ02
 ウルグアイ14
 オランダ74
 オランダ98
 オランダ14
 カテナチオ
 ガラタサライ99-00
 韓国99
 ギリシャ04
 クリスマスツリー
 クロアチア18
 コスタリカ14
 コロンビア13
 コートジボワール14
 スペイン00
 スペイン08
 スペイン12
 セネガル02
 スロベニア00
 チェコ03
 チェルシー04-05
 チェルシー14-15
 チェルシー16-17
 チリ98
 チリ14
 デンマーク86
 ドイツ90
 ドイツ00
 ドイツ14
 ドルトムント11-12
 ドルトムント15-16
 ナポリ11-12
 日本68
 日本96
 日本97
 日本00
 日本01
 日本11
 ネラッズーロ90-91
 ネラッズーロ09-10
 ノルウェー00
 バイエルン00-01
 バイエルン13-14
 バイエルン15-16
 バルセロナ99-00
 バルセロナ04-05
 バルセロナ10-11
 バルセロナ14-15
 パルマ98-99
 パリ12-13
 ビアンコネーロ84-85
 ビアンコネーロ95-96
 ビアンコネーロ02-03
 ビアンコネーロ13-14
 ビアンコネーロ16-17
 ビジャレアル05-06
 ブラジル82
 ブラジル94
 ブラジル98
 ブラジル02
 ブラジル06
 ブラジル14
 フランス82
 フランス00
 フランス04
 フランス14
 フランス16
 フランス18
 ベルギー13
 ポルト03-04
 ポルトガル00
 ポルトガル14
 ポルトガル16
 マドリード01-02
 マドリード11-12
 マドリード13-14
 マドリードA13-14
 マンチェスターU98-99
 マンチェスターU07-08
 マンチェスターC11-12
 モナコ03-04
 ユーゴスラビア94
 ユーゴスラビア00
 ラツィオ99-00
 リヴァプール04-05
 リヴァプール08-09
 ルーマニア00
 レバークーゼン01-02
 ロッソネーロ88-89
 ロッソネーロ98-99
 ローマ00-01
 ローマ07-08
 N-BOX
 浦和06
 大阪G08
 Webサカ(PC版)コンテンツ
 トップへ戻る


 銀狐のあんぱん屋
 トップへ戻る


巨人の国のカウンター

2000年においてノルウェー代表が採用した4-3-3フォーメーションについての想定予想です。

モデルの想定・その他のケース

左図は、2000年におけるノルウェー代表を想定したスターティングメンバーです。EURO2000のグループリーグでも同様の布陣で戦っていました。

3トップと言うことで、一見攻撃的にも見えますが、実情は4−5−1に近いと言っても良いでしょう。全体的に引き気味の布陣になります。

ボールを奪ったら、すぐにロングボールを前線に送り、左右のウイングが走って中央のフローにセンタリングするというのが基本戦術となります。

洗練されたサイドアタックと言うよりは、常に守備を意識しながら、とにかく攻守の切り替えを素早く行い、CFWの決定力を信じるといったクラシカルなカウンターアタックを行う布陣のようです。

2000年当時のノルウェー代表

監督はノルウェー人のニルス・ヨハン・セムブ。1998年に代表監督に就任し、兼任で努めたU-21代表監督では1998年の欧州U-21選手権で3位に入る実績をのこしています。

守備を固めてロングボール主体のカウンター頼みという単調で面白みにかける戦術を好んで採用する監督と批評されていました。

EURO2000の予選は組み合わせにめぐまれて、8勝1敗1分で余裕の1位突破。ちなみに、これが2012年時点でノルウェー唯一のEURO本選出場になります。

本選はグループリーグCで、スペイン、ユーゴスラビア、スロベニアとの同組。

初戦は強豪のスペインが相手でしたが、堅守カウンターを繰り返すノルウェーに、ショートパスをつなぎながら攻め込むスペインという展開は、スペインが最後までノルウェーの堅陣を攻め落とすことができず、後半20分のカウンター1発で撃沈。見事な金星を上げるのでした。

2戦目のユーゴ戦は逆に、ユーゴの試合巧者ぶりに翻弄されて0−1で敗退。この時点でグループリーグCは決勝T進出チームが決まっておらず、4チーム全てに可能性が残る大混戦モードになってました。

そんな中、一番組しやすいとみられていたスロベニア戦が残ってるノルウェーが有利と思われてましたが、油断したか、それともお互いにカウンター狙いの守備固めチームであることが災いしたか、スコアレスドローに終わってしまいます。

しかし、試合終了直後、セムブ監督はガッツポーズをしていました。それもそのはず、別会場で行われているユーゴvsスペインは3−2でユーゴが勝利目前。このまま行けば2位でグループリーグ突破になるからです。

・・・ところが、何とロスタイムでスペインが2点取って大逆転。この結果、ノルウェーは勝ち点・得失点差でユーゴと並んだものの総ゴール数の差でグループリーグ敗退の憂き目にあってしまうのでした。



Webサカ(PC版)コンテンツトップに戻る

あんぱん屋トップに戻る