日本2000
各フォーメーション
 アーセナル03-04
 アムステルダム94-95
 アルゼンチン98
 アルゼンチン01
 アルゼンチン14
 イタリア94
 イタリア00
 イタリア06
 イタリア12
 イラン97
 イングランド00
 イングランド14
 ヴァレンシア03-04
 ウルグアイ02
 ウルグアイ14
 オランダ74
 オランダ98
 オランダ14
 カテナチオ
 ガラタサライ99-00
 韓国99
 ギリシャ04
 クリスマスツリー
 クロアチア18
 コスタリカ14
 コロンビア13
 コートジボワール14
 スペイン00
 スペイン08
 スペイン12
 セネガル02
 スロベニア00
 チェコ03
 チェルシー04-05
 チェルシー14-15
 チェルシー16-17
 チリ98
 チリ14
 デンマーク86
 ドイツ90
 ドイツ00
 ドイツ14
 ドルトムント11-12
 ドルトムント15-16
 ナポリ11-12
 日本68
 日本96
 日本97
 日本00
 日本01
 日本11
 ネラッズーロ90-91
 ネラッズーロ09-10
 ノルウェー00
 バイエルン00-01
 バイエルン13-14
 バイエルン15-16
 バルセロナ99-00
 バルセロナ04-05
 バルセロナ10-11
 バルセロナ14-15
 パルマ98-99
 パリ12-13
 ビアンコネーロ84-85
 ビアンコネーロ95-96
 ビアンコネーロ02-03
 ビアンコネーロ13-14
 ビアンコネーロ16-17
 ビジャレアル05-06
 ブラジル82
 ブラジル94
 ブラジル98
 ブラジル02
 ブラジル06
 ブラジル14
 フランス82
 フランス00
 フランス04
 フランス14
 フランス16
 フランス18
 ベルギー13
 ポルト03-04
 ポルトガル00
 ポルトガル14
 ポルトガル16
 マドリード01-02
 マドリード11-12
 マドリード13-14
 マドリードA13-14
 マンチェスターU98-99
 マンチェスターU07-08
 マンチェスターC11-12
 モナコ03-04
 ユーゴスラビア94
 ユーゴスラビア00
 ラツィオ99-00
 リヴァプール04-05
 リヴァプール08-09
 ルーマニア00
 レバークーゼン01-02
 ロッソネーロ88-89
 ロッソネーロ98-99
 ローマ00-01
 ローマ07-08
 N-BOX
 浦和06
 大阪G08
 Webサカ(PC版)コンテンツ
 トップへ戻る


 銀狐のあんぱん屋
 トップへ戻る


トルシエの進退を賭けた戦い

2000年において日本代表が採用した3-6-1フォーメーションについての想定予想です。

モデルの想定・その他のケース

左図は、2000年6月頃のハッサン2世杯時における日本代表の基本布陣を想定したスターティングメンバーです。

トルシエジャパンは基本的に2トップの試合が多いのですが、この時期は森島を1.5列目に置いた1トップ気味の布陣を敷くこともありました。

トルシエの代名詞「フラット3」は、この時期は松田を真ん中に据えてラインコントロールさせています。

この時期、中盤は中田英のトップ下とボランチの稲本が固定されていた以外は、色んな選手が試されています、左サイドハーフは中村以外にも名波、小野、三浦淳、服部、右サイドハーフですと伊東、望月、名神。ボランチとトップ下の間に位置する、リンクマンとして名波や奥に小野あたりが入ることもありました。

2000年当時の日本代表

監督はフランス人のフィリップ・トルシエ。1998年のフランスW杯後に就任し、地元開催の2002年日韓W杯までにチームの強化と指揮を託され、A代表のみならず五輪代表やWユース代表監督まで兼任させて、大きな権限を持たせていました。

Wユース選手権では準優勝、シドニー五輪もアジア予選を勝ち抜くなど、若手世代では結果を出していましたが、肝心のA代表は1999年は3敗4分で1勝もできず、アジア杯の予選こそ勝ち抜けましたが、その後の中国、韓国相手の親善試合では両試合とも無得点に終わるなど、FWに決定力のないチームゆえ、トルシエの評価はどちらかと言えば低く見られており、6月のハッサン二世杯は、トルシエ続投の査定評価としての大会と位置づけられていました。

初戦の相手は、EURO2000を目前に控えており、本番前の調整試合としてほぼベストメンバーを揃えてきたフランス

この後のEURO2000では優勝を果たすフランス相手に互角に戦い、2−2で引き分けという結果を残します。

結局、PK戦で敗退し、3位決定戦のジャマイカ相手に4−0で圧勝。このハッサン二世杯でのサッカーの内容が素晴らしかったため、トルシエも再評価され、結局、W杯の最後まで指揮をとることになった、いわばトルシエジャパンにとってターニングポイントとも呼べる大会が、このハッサン二世杯でありました。

その後、秋のアジア杯で優勝という結果を残すことで、トルシエ解任論はひとまず沈静化するのでありました。



Webサカ(PC版)コンテンツトップに戻る

あんぱん屋トップに戻る