ブラジル2006
各フォーメーション
 アーセナル03-04
 アムステルダム94-95
 アルゼンチン98
 アルゼンチン01
 アルゼンチン14
 イタリア94
 イタリア00
 イタリア06
 イタリア12
 イラン97
 イングランド00
 イングランド14
 ヴァレンシア03-04
 ウルグアイ02
 ウルグアイ14
 オランダ74
 オランダ98
 オランダ14
 カテナチオ
 ガラタサライ99-00
 韓国99
 ギリシャ04
 クリスマスツリー
 コスタリカ14
 コロンビア13
 コートジボワール14
 スペイン00
 スペイン08
 スペイン12
 セネガル02
 スロベニア00
 チェコ03
 チェルシー04-05
 チェルシー14-15
 チェルシー16-17
 チリ98
 チリ14
 デンマーク86
 ドイツ90
 ドイツ00
 ドイツ14
 ドルトムント11-12
 ドルトムント15-16
 ナポリ11-12
 日本96
 日本97
 日本00
 日本01
 日本11
 ネラッズーロ90-91
 ネラッズーロ09-10
 ノルウェー00
 バイエルン00-01
 バイエルン13-14
 バイエルン15-16
 バルセロナ99-00
 バルセロナ04-05
 バルセロナ10-11
 バルセロナ14-15
 パルマ98-99
 パリ12-13
 ビアンコネーロ84-85
 ビアンコネーロ95-96
 ビアンコネーロ02-03
 ビアンコネーロ13-14
 ビアンコネーロ16-17
 ビジャレアル05-06
 ブラジル82
 ブラジル94
 ブラジル98
 ブラジル02
 ブラジル06
 ブラジル14
 フランス82
 フランス00
 フランス04
 フランス14
 フランス16
 フランス18
 ベルギー13
 ポルト03-04
 ポルトガル00
 ポルトガル14
 ポルトガル16
 マドリード01-02
 マドリード11-12
 マドリード13-14
 マドリードA13-14
 マンチェスターU98-99
 マンチェスターU07-08
 マンチェスターC11-12
 モナコ03-04
 ユーゴスラビア94
 ユーゴスラビア00
 ラツィオ99-00
 リヴァプール04-05
 リヴァプール08-09
 ルーマニア00
 レバークーゼン01-02
 ロッソネーロ88-89
 ロッソネーロ98-99
 ローマ00-01
 ローマ07-08
 N-BOX
 浦和06
 大阪G08
 Webサカ(PC版)コンテンツ
 トップへ戻る


 銀狐のあんぱん屋
 トップへ戻る


バラバラになった魔法の欠片たち

2006年において、ブラジル代表が採用した4-4-2フォーメーションについての想定予想です。

モデルの想定・その他のケース

左図は、2006年のブラジル代表のスターティングメンバー想定予想です。ドイツW杯本大会のvsクロアチア戦などのスターティングメンバーになります。

全盛期ほどではないにせよ、高いスピード・シュート技術を裏付けとした抜群の決定力はまだ健在と思われていた、レアル・マドリードの「怪物」ロナウド。

圧倒的なパワーで、敵陣を突破し破壊的なシュートを打ち込む、インテルミラノの「皇帝」アドリアーノ。

溢れんばかりのファンタジーとボールテクニックで観衆を魅了し、前年にバロンドールを獲得、当時世界最高のサッカー選手と言われた、バルセロナのロナウジーニョ

シンプルでスピーディーなプレーの中にも卓越した技術を誇り、チームに縦への意識をもたらし名門クラブで攻撃のタクトを存分に振るう、ACミランのカカ。

俗に言う、魔法の四人衆「カルテット・マジコ」。この四人を中心とした破壊的な攻撃力は、2006年ドイツW杯において、スペック上は他国を圧倒するであろうという高い評判を誇っておりました。

これに加えて、ダブルボランチのエメルソンとゼ・ロベルトは、共に30代で運動量こそ全盛期ほどではないにせよ、攻守のかじ取りとして攻撃陣やサイドバックを縁の下から支えます。

両サイドは、左がロベルト・カルロス、右がカフー。2006年のドイツW杯は、ロベカルが3回目、カフーに至っては4回目のW杯出場となり、長年、ブラジル代表の攻撃的なサイド攻撃に厚みをもたせてきた2人です。

フィジカルに強く積極的でたびたびの攻撃参加も行うルシオと、逆にフィジカル面で課題があるものの間合いを取るのがうまくクレバーなファンがセンターバックのレギュラーで、ドイツW杯でのブラジル代表で全試合フル出場したのはこの2人だけでした。

GKのレギュラーはジーダ。
伝統的にブラジルの泣き所と言われるポジションですが、この時期はジーダ、セニ、ジュリオ・セーザルと三者三様にタイプが違うながらも、名手と言って良い3人がレギュラー争いをしており、その中でも抜群の身体能力をほこったジーダが抜擢されています。

ブラジル伝統のオーソドックスなボックス型中盤で、攻守の役割がハッキリしたシステムです。基本的には個の力が高い攻撃メンバーが敵陣をこじあけるという、やや強引なサッカーをするチームでした。

2006年当時のブラジル代表

監督はブラジル人のカルロス・アルベルト・パレイラ。選手経験はないものの、1960年代からコーチ・監督業を務め、中東の各国代表でW杯出場を果たしたり、ブラジルの名門チームの監督などを経て、1994年にブラジル代表を率いてW杯優勝を成し遂げた監督です。

2002年の日韓W杯優勝後、スコラーリが退任した後を受けて、2度目のブラジル代表監督に就任し、2004年のコパ・アメリカ、2005年のコンフェデレーションズカップを優勝し、ドイツW杯南米予選もやや引き分けが多いながらも1位通過を果たし、大本命としてドイツW杯本戦を迎えます。

注目の的は「カルテット・マジコ」で、その中でも前年のバロンドール獲得者であったロナウジーニョのための大会になるだろうと言われていました。。

グループリーグの組み合わせは、オーストラリア・クロアチア・日本で、この3チームを全く寄せ付けず1位通過。

決勝トーナメント1回戦もガーナを相手に3−0で快勝しますが、ここまでアドリアーノとロナウドの動きが悪く、ロナウジーニョやカカの前に蓋ができているシーンがたびたび見受けられます。

準々決勝はフランス戦。この時のフランスは世代交代に失敗したと言われており、W杯終了後の引退を公言していたジダンをはじめとして、マケレレ、テュラムのように一度は代表引退を表明した選手たちを再招集するなど、下馬評の低いチームとされていました。

この試合、ブラジルはロナウドの1トップにしてロナウジーニョとカカの2シャドー、トップ下にジュニーニョ・ペルナンブカーノを配するなどシステムを弄ってきます。

ところが蓋を開けてみると、マケレレ・テュラム・ヴィエラを中心とした粘り強い守備陣にブラジルの攻撃陣が分断。
ここに来て、全体的に運動量の少ないチームという弱点がもろに露呈され、誰かが孤立してもフォローが足りないなどチームとしての機能が停滞してしまいます。

フランスはマルダーが動きの鈍いカフーの裏を何度も付き、ジダンがキープ力を活かしてボールポゼッションを上げて圧力を増していき、ついに後半12分、セットプレーから待望の先制点。

失点後にアドリアーノやロビーニョを投入し、試合終了間際で疲れが見え始めたフランス守備陣を突破し、立て続けにシュートを放ちましたがバルテズの好セーブもあり、最終的には完封負けで敗退してしまうのでした。



Webサカ(PC版)コンテンツトップに戻る

あんぱん屋トップに戻る