ナポリ2011-2012
各フォーメーション
 アーセナル03-04
 アムステルダム94-95
 アルゼンチン98
 アルゼンチン01
 アルゼンチン14
 イタリア94
 イタリア00
 イタリア06
 イタリア12
 イラン97
 イングランド00
 イングランド14
 ヴァレンシア03-04
 ウルグアイ02
 ウルグアイ14
 オランダ74
 オランダ98
 オランダ14
 カテナチオ
 ガラタサライ99-00
 韓国99
 ギリシャ04
 クリスマスツリー
 クロアチア18
 コスタリカ14
 コロンビア13
 コートジボワール14
 スペイン00
 スペイン08
 スペイン12
 セネガル02
 スロベニア00
 チェコ03
 チェルシー04-05
 チェルシー14-15
 チェルシー16-17
 チリ98
 チリ14
 デンマーク86
 ドイツ90
 ドイツ00
 ドイツ14
 ドルトムント11-12
 ドルトムント15-16
 ナポリ11-12
 日本68
 日本96
 日本97
 日本00
 日本01
 日本11
 ネラッズーロ90-91
 ネラッズーロ09-10
 ノルウェー00
 バイエルン00-01
 バイエルン13-14
 バイエルン15-16
 バルセロナ99-00
 バルセロナ04-05
 バルセロナ10-11
 バルセロナ14-15
 パルマ98-99
 パリ12-13
 ビアンコネーロ84-85
 ビアンコネーロ95-96
 ビアンコネーロ02-03
 ビアンコネーロ13-14
 ビアンコネーロ16-17
 ビジャレアル05-06
 ブラジル82
 ブラジル94
 ブラジル98
 ブラジル02
 ブラジル06
 ブラジル14
 フランス82
 フランス00
 フランス04
 フランス14
 フランス16
 フランス18
 ベルギー13
 ポルト03-04
 ポルトガル00
 ポルトガル14
 ポルトガル16
 マドリード01-02
 マドリード11-12
 マドリード13-14
 マドリードA13-14
 マンチェスターU98-99
 マンチェスターU07-08
 マンチェスターC11-12
 モナコ03-04
 ユーゴスラビア94
 ユーゴスラビア00
 ラツィオ99-00
 リヴァプール04-05
 リヴァプール08-09
 ルーマニア00
 レバークーゼン01-02
 ロッソネーロ88-89
 ロッソネーロ98-99
 ローマ00-01
 ローマ07-08
 N-BOX
 浦和06
 大阪G08
 Webサカ(PC版)コンテンツ
 トップへ戻る


 銀狐のあんぱん屋
 トップへ戻る


三大テノールによる高速カウンター

2011-2012年シーズンにおいて、イタリアのSSCナポリが採用した3-4-2-1フォーメーションについての想定予想です。

モデルの想定・その他のケース

左図は、2011-2012年シーズン当時のSSCナポリについて想定予想のスターティングメンバーです。

センターフォワードには、DFラインの裏に抜けるスピードやポジショニングの上手さに定評があり、セリエAでゴールを量産する「エル・マタドール」カバーニ。
そして、彼を支えるべく、激しくポジションチェンジを繰り返しドリブルで仕掛けラストパスをカバーニに配給するのが、1.5列目に位置するハムシクとラベッシの2人です。

この攻撃陣3人は「三大テノール」と呼ばれて、特にアルゼンチン人のラベッシはかつてナポリの「王様」として君臨し、ナポリの黄金時代を築いたマラドーナとよく比較されるほどの選手です。

サイドは、攻撃と守備の両方でかなりの運動量をほこるマッジョとドッセーナ。特に右サイドのマッジョは不動と言えるほど信頼されており、攻守に抜群に働きを見せます。ちなみに、左サイドはドッセーナではなくスニガが使われる事もしばしばありました。

ダブルボランチのインレルはポジショニングに優れた選手でビルドアップも担当し、ガルガノは汗かきするタイプ。どちらかといえば、両名とも下がり気味にポジションをとっています。ガルガノではなくジェマイリを使う事もありますが、彼はどちらかといえばパサータイプのセンターハーフです。

3バックとGKはほぼ固定です。

基本的な戦術として、3バックの内の誰かがボールを持った相手に向かい、ボランチの2人でそれを挟むというコンパクトなゾーンディフェンスを仕掛け、そこからサイドから前線の3人につなぐという高速カウンターがこのチームの最大の武器となります。

一方で、戦術的には単純でバリエーションが少ないため、相手に引かれた場合、カバーニの裏を取る能力が活かしきれず、カウンターが不発になることも多かったりしました。

2011-2012年当時のSSCナポリ

監督は、イタリア人のウォルター・マッツァーリ。
ビッグクラブの指導歴はないものの、弱小チームを率いて結果を残したり、伸び悩んでいる若手・中堅の再生などに定評のある名将です。

戦術の特徴としては、センターバックを3人使い中央の守りを固くしたうえで、サイドの運動量を活かしたカウンターを戦術ベースに据える傾向が強く、ナポリでも高度なカウンターチームを作り上げます。

2009-2010シーズンの途中からSSCナポリを率いた彼は、シーズン序盤から不安定な戦いを続けていたチームを建て直し。安定した戦いを披露。最終的にUEFAカップの出場権を手にします。

2年目の2010-2011シーズンもチームは好調。黄金時代以来のスクデットも期待されるほどの快進撃を見せ、最終的に4位。見事、欧州CL出場権を獲得。

そして、迎えた2011-12シーズン。リーグ戦こそ5位に終わるものの、バイエルン・マンチェスターシティと同組になった欧州CLで決勝トーナメント進出、イタリア杯優勝などの結果を残し、名門復活の印象を強くさせたシーズンとなりました。



Webサカ(PC版)コンテンツトップに戻る

あんぱん屋トップに戻る