リヴァプール04-05
各フォーメーション
 アーセナル03-04
 アムステルダム94-95
 アルゼンチン98
 アルゼンチン01
 アルゼンチン14
 イタリア94
 イタリア00
 イタリア06
 イタリア12
 イラン97
 イングランド00
 イングランド14
 ヴァレンシア03-04
 ウルグアイ02
 ウルグアイ14
 オランダ74
 オランダ98
 オランダ14
 カテナチオ
 ガラタサライ99-00
 韓国99
 ギリシャ04
 クリスマスツリー
 コスタリカ14
 コロンビア13
 コートジボワール14
 スペイン00
 スペイン08
 スペイン12
 セネガル02
 スロベニア00
 チェコ03
 チェルシー04-05
 チェルシー14-15
 チェルシー16-17
 チリ98
 チリ14
 デンマーク86
 ドイツ90
 ドイツ00
 ドイツ14
 ドルトムント11-12
 ドルトムント15-16
 ナポリ11-12
 日本96
 日本97
 日本00
 日本01
 日本11
 ネラッズーロ90-91
 ネラッズーロ09-10
 ノルウェー00
 バイエルン00-01
 バイエルン13-14
 バイエルン15-16
 バルセロナ99-00
 バルセロナ04-05
 バルセロナ10-11
 バルセロナ14-15
 パルマ98-99
 パリ12-13
 ビアンコネーロ84-85
 ビアンコネーロ95-96
 ビアンコネーロ02-03
 ビアンコネーロ13-14
 ビアンコネーロ16-17
 ビジャレアル05-06
 ブラジル82
 ブラジル94
 ブラジル98
 ブラジル02
 ブラジル06
 ブラジル14
 フランス82
 フランス00
 フランス04
 フランス14
 フランス16
 ベルギー13
 ポルト03-04
 ポルトガル00
 ポルトガル14
 ポルトガル16
 マドリード01-02
 マドリード11-12
 マドリード13-14
 マドリードA13-14
 マンチェスターU98-99
 マンチェスターU07-08
 マンチェスターC11-12
 モナコ03-04
 ユーゴスラビア94
 ユーゴスラビア00
 ラツィオ99-00
 リヴァプール04-05
 リヴァプール08-09
 ルーマニア00
 レバークーゼン01-02
 ロッソネーロ88-89
 ロッソネーロ98-99
 ローマ00-01
 ローマ07-08
 N-BOX
 浦和06
 大阪G08
 Webサカ(PC版)コンテンツ
 トップへ戻る


 銀狐のあんぱん屋
 トップへ戻る


イングランドの赤(Red)、イタリアの赤(Rosso)、トルコの赤(klrmlzl)

2004-05年シーズンにプレミアリーグのリヴァプールFCが採用した4-4-1-1フォーメーションについての想定予想です。

モデルの想定・その他のケース

左図は、2004-2005シーズンのリヴァプールFCが、欧州CL決勝戦のvsミラン戦、いわゆる「イスタンブールの奇跡」で採用した先発布陣です。

普段は、ベニテスが好むDFラインを高めにとりハマンをアンカーに挟んだショートカウンター狙いの4-3-3システムを採用するのですが、このCL決勝戦に限っては、アンカーを置かずビポーテの2人が中盤の要としてフル稼働させる形となります。

前線の枚数が1枚多いので、若干攻撃寄りとなりますが、本質的にはカウンターサッカーです。

ジェラードとシャビ・アロンソの2人が中心となって、攻守の要となります。

1トップはEURO2004で得点王に輝いたチェコのバロシュ。ただし、リバプールでは約5シーズン在籍していましたが、シーズン9Gが最高で、活躍していたとは言い難かったりします。

1.5列目には半レギュラーのキューウェル。どちらかと言えばウイングのスーパーサブ的なタイプですが、この大事な試合ではセカンドトップとして1.5列目からの飛び出しを期待されるポジションに配されます。

サイドハーフには、左がパワーシューターであるけどやや守備寄りなリーセと、テクニシャンで攻撃的なポジションならどこでもできるルイス・ガルシア。

そのサイドハーフの後ろには、トラオレとフィナンというフィジカルに長けたタイプのサイドバックが控えます。

センターバックの2人は闘志をむき出しにして当たりに強いキャラガーとヒーピア。

そして、忘れてはいけない最後の砦、スパゲッティ・ダンサーことデュデク。ムラっぽく安定感に欠ける感はあったものの、神がかっている時は本当にとんでもない仕事をやってのけるGKで、この決勝戦でも延長戦とPK戦でスーパープレーを連発していました。

2004-2005年当時のリヴァプールFC

率いる監督は、スペイン人のラファエル・ベニテス。
主にスペインの下部リーグで長いこと監督を務めた後、抜擢されたバレンシアで3年間で2度のリーガ制覇を果たした監督です。

2003-2004シーズンまではオーウェンのスピードに任せた高速カウンターを武器にしていたリバプールでしたが、2004-2005シーズン前にそのオーウェンをレアル・マドリードへ放出し、ロングカウンターからショートカウンターのチームへと変身していきます。

その要とすべく、スペイン人のベニテス監督は、ルイス・ガルシア、シャビ・アロンソ、ホセミ、モリエンテス、ヌニェスらスペイン人を多く加入させます。

このうち、ルイス・ガルシアとシャビ・アロンソはレギュラーとして大活躍してくれます。

プレミアリーグこそ5位に終わり、本来なら次シーズンの欧州CL出場権を逃してしまったのですが、その欧州CLで「イスタンブールの奇跡」と呼ばれる劇的な優勝を果たしたことで、特例として欧州CL出場権を割り当てられます。

そして、これが切っ掛けとなって2006-2007シーズン以降は欧州CL優勝チームは無条件で次シーズンの欧州CL出場権を授与されるというルールが作られるようになったのでした。



Webサカ(PC版)コンテンツトップに戻る

あんぱん屋トップに戻る