ガラタサライ1999-2000
各フォーメーション
 アーセナル03-04
 アムステルダム94-95
 アルゼンチン98
 アルゼンチン01
 アルゼンチン14
 イタリア94
 イタリア00
 イタリア06
 イタリア12
 イラン97
 イングランド00
 イングランド14
 ヴァレンシア03-04
 ウルグアイ02
 ウルグアイ14
 オランダ74
 オランダ98
 オランダ14
 カテナチオ
 ガラタサライ99-00
 韓国99
 ギリシャ04
 クリスマスツリー
 クロアチア18
 コスタリカ14
 コロンビア13
 コートジボワール14
 スペイン00
 スペイン08
 スペイン12
 セネガル02
 スロベニア00
 チェコ03
 チェルシー04-05
 チェルシー14-15
 チェルシー16-17
 チリ98
 チリ14
 デンマーク86
 ドイツ90
 ドイツ00
 ドイツ14
 ドルトムント11-12
 ドルトムント15-16
 ナポリ11-12
 日本68
 日本96
 日本97
 日本00
 日本01
 日本11
 ネラッズーロ90-91
 ネラッズーロ09-10
 ノルウェー00
 バイエルン00-01
 バイエルン13-14
 バイエルン15-16
 バルセロナ99-00
 バルセロナ04-05
 バルセロナ10-11
 バルセロナ14-15
 パルマ98-99
 パリ12-13
 ビアンコネーロ84-85
 ビアンコネーロ95-96
 ビアンコネーロ02-03
 ビアンコネーロ13-14
 ビアンコネーロ16-17
 ビジャレアル05-06
 ブラジル82
 ブラジル94
 ブラジル98
 ブラジル02
 ブラジル06
 ブラジル14
 フランス82
 フランス00
 フランス04
 フランス14
 フランス16
 フランス18
 ベルギー13
 ポルト03-04
 ポルトガル00
 ポルトガル14
 ポルトガル16
 マドリード01-02
 マドリード11-12
 マドリード13-14
 マドリードA13-14
 マンチェスターU98-99
 マンチェスターU07-08
 マンチェスターC11-12
 モナコ03-04
 ユーゴスラビア94
 ユーゴスラビア00
 ラツィオ99-00
 リヴァプール04-05
 リヴァプール08-09
 ルーマニア00
 レバークーゼン01-02
 ロッソネーロ88-89
 ロッソネーロ98-99
 ローマ00-01
 ローマ07-08
 N-BOX
 浦和06
 大阪G08
 Webサカ(PC版)コンテンツ
 トップへ戻る


 銀狐のあんぱん屋
 トップへ戻る


ルーマニア産まれのトルコの王様

1999-2000年シーズンにおいて、トルコのガラタサライSKが採用した4-5-1フォーメーションについての想定予想です。

モデルの想定・その他のケース

左図は、2000年のUEFAカップ決勝vsアーセナル戦におけるガラタサライSKのスターティングメンバーです。

中心になるのは、トップ下としてパスを左右に散らすルーマニアの「王様」ゲオルゲ・ハジ。

ハジから、両サイドに展開するオカン・ブルクやユミト・ダバラへのスルーパスから、中央ゴール前で待ち構える「ボスポラスの雄牛」ハカン・シュキルへのラストパス。ストライカーとしてもポストプレイヤーとしても能力の高いシュキルが自分で決めることもあれば、折り返してシャドーとして控えるアリフ・エルデムが押し込むというケースも得点パターンの1つでした。

守備陣は、こちらもルーマニアの守備面での王様ポペスクがDFラインを統率しています。

もっとも、こちらの「王様」はサイドバックが攻撃時に上がったまま、帰って来ないなんて事がしばしばあったらしく、サイドの裏をつかれて、アタフタすることも結構あったようです。

エルデムではなく、やや下がり目のCHハサン・サスなどを使うこともあったようですが、概ね左図のメンバーで戦っていたようです。

1999-2000年シーズン当時のガラタサライSK

監督は、トルコ代表監督として1996年の欧州選手権でトルコを本大会初出場に導くというトルコサッカー史上に残る実績を残したファティ・テリム。その欧州選手権終了直後にガラタサライの監督に就任し、それ以降トルコリーグで3連覇、4年目のシーズンには4連覇がかかっていました。

攻撃的なサッカーを信条としており、ガラタサライでもその方針に基づいて、彼の就任と同時に獲得したハジを中心に据えてその才能を遺憾なく発揮させます。

トルコリーグではベシクタシュJKとの一騎打ちモードになり、最終的に24勝3敗7分で4連覇達成。

トルコカップも決勝でアンタルヤスポルに延長戦まで食い下がられますが、5−3で勝利しトルコリーグとあわせて二冠。

そして、ハイライトはUEFAカップの優勝とCL優勝チームであるレアル・マドリードとのUEFAスーパーカップでの勝利です。
UEFA決勝のアーセナル戦は0-0のPK戦での勝利。スーパーカップも延長までもつれる展開でしたが、2-1でレアル・マドリードを敗ってます。

これらの偉業と、2002年日韓W杯でのトルコ代表が勝ち取った3位という実績により、トルコサッカーの新時代が来たとそう叫ばれたものでありました。

その後の、トルコサッカー界のイマイチっぷりはご承知の通りであります・・・



Webサカ(PC版)コンテンツトップに戻る

あんぱん屋トップに戻る