マドリード2001-2002
各フォーメーション
 アーセナル03-04
 アムステルダム94-95
 アルゼンチン98
 アルゼンチン01
 アルゼンチン14
 イタリア94
 イタリア00
 イタリア06
 イタリア12
 イラン97
 イングランド00
 イングランド14
 ヴァレンシア03-04
 ウルグアイ02
 ウルグアイ14
 オランダ74
 オランダ98
 オランダ14
 カテナチオ
 ガラタサライ99-00
 韓国99
 ギリシャ04
 クリスマスツリー
 コスタリカ14
 コロンビア13
 コートジボワール14
 スペイン00
 スペイン08
 スペイン12
 セネガル02
 スロベニア00
 チェコ03
 チェルシー04-05
 チェルシー14-15
 チェルシー16-17
 チリ98
 チリ14
 デンマーク86
 ドイツ90
 ドイツ00
 ドイツ14
 ドルトムント11-12
 ドルトムント15-16
 ナポリ11-12
 日本96
 日本97
 日本00
 日本01
 日本11
 ネラッズーロ90-91
 ネラッズーロ09-10
 ノルウェー00
 バイエルン00-01
 バイエルン13-14
 バイエルン15-16
 バルセロナ99-00
 バルセロナ04-05
 バルセロナ10-11
 バルセロナ14-15
 パルマ98-99
 パリ12-13
 ビアンコネーロ84-85
 ビアンコネーロ95-96
 ビアンコネーロ02-03
 ビアンコネーロ13-14
 ビアンコネーロ16-17
 ビジャレアル05-06
 ブラジル82
 ブラジル94
 ブラジル98
 ブラジル02
 ブラジル06
 ブラジル14
 フランス82
 フランス00
 フランス04
 フランス14
 フランス16
 ベルギー13
 ポルト03-04
 ポルトガル00
 ポルトガル14
 ポルトガル16
 マドリード01-02
 マドリード11-12
 マドリード13-14
 マドリードA13-14
 マンチェスターU98-99
 マンチェスターU07-08
 マンチェスターC11-12
 モナコ03-04
 ユーゴスラビア94
 ユーゴスラビア00
 ラツィオ99-00
 リヴァプール04-05
 リヴァプール08-09
 ルーマニア00
 レバークーゼン01-02
 ロッソネーロ88-89
 ロッソネーロ98-99
 ローマ00-01
 ローマ07-08
 N-BOX
 浦和06
 大阪G08
 Webサカ(PC版)コンテンツ
 トップへ戻る


 銀狐のあんぱん屋
 トップへ戻る


銀河系への道

2001-2002年シーズンにおいて、スペインのレアル・マドリードが採用した4-4-2フォーメーションについての想定予想です。

モデルの想定・その他のケース

左図は、2001-2002年シーズン当時のレアル・マドリードについて想定予想のスターティングメンバーです。
2002年欧州CL決勝vsレバークーゼンなどで確認されているメンバーでもあります。

銀河系への道を着々と歩むレアル・マドリードの目玉補強とも言えた、ジダンがトップ下に構えます。

ゲーム内の解説にもある通り、ボックス中盤というよりも、ジダンは中寄りのポジショニングで、左サイドのスペースはロベルト・カルロスが圧倒的なスピードで駆け上がってサイドアタックを仕掛けてきます。

右はOHというよりも、ウイングハーフ的なフィーゴで、こちらはスペースを駆け上がるというよりも、中盤で受け取ったボールをドリブルで敵陣深くに持ち込むといったスタイルを取ります。

2トップは、シャドーストライカー的なラウルと、ストライカーでありポストプレイヤーでもあるモリエンテスの名コンビがゴールを量産。

その豪華な攻撃陣を支える中心はマケレレで、彼の相棒としてはソラリ、グティやエルゲラがボランチを努めることもありました。

センターバックはキャプテンシーの高さで個性豊かなメンバーをまとめあげていたイエロに、エルゲラか彼がボランチで使われる時はパボンが使われることも・・・というか、どちらかといえば、エルゲラがボランチでパボンがCBというケースのが多かったりしますが、CL決勝のメンバーを想定しているのではと思った結果の選択だったりします。

2001-2002年当時のレアル・マドリード

監督は、スペイン人のビセンテ・デル・ボスケ。選手としても監督としても長いことレアル・マドリードで活躍した人で、2012年現在はスペイン代表監督として世界最強と謡われたチームを率いることになります。

この年は名門レアル・マドリードの創立100周年にあたるシーズンで、前年のフィーゴに続いてジダンの獲得からも首脳陣やサポーターからも重度の期待がかけられていました。

そのプレッシャーに負けたか、はたまたスター選手に引っ張られて前がかりになりがちなチーム戦術により、安定さを欠いたせいか、リーガは優勝したバレンシアにかなり差をつけられての3位に終わり、国王杯もサンチャゴ・ベルナベウで行われた決勝でデポルティボに敗れるなど、その期待に反した成績になってしまいました。

ただ、伝統の力か、欧州CLは順調に勝ち進み、準々決勝はバイエルン・ミュンヘンに2ndレグで大逆転勝ち、準決勝ではバルセロナとのエル・クラシコを制し決勝進出。

決勝の相手は、「薬屋」「万年2位」のレバークーゼン。左サイドの基点になるゼ・ロベルトは出場停止で、守備の要であるノボトニーを怪我で欠き、急造の布陣を組んできたもののレアル・マドリード相手に真っ向から攻撃的に立ち向かってきます。

1−1の緊迫した状況から、前半44分。ロベカルからのセンタリングを、難しい角度からジダンがボレーシュートを打ち抜き、勝ち越しゴール。

サッカー史上に残る最も美しいゴールなどとも形容される、このボレーシュートはレアル・マドリード100周年で唯一にして最大の勲章を勝ち取るゴールになったのでありました。

そして、マドリードは翌年ロナウドを、翌々年はベッカムを獲得する一方で、マケレレ、イエロ、モリエンテスなどを放出し、銀河系への道を歩み続けるのでありました。



Webサカ(PC版)コンテンツトップに戻る

あんぱん屋トップに戻る