バルセロナ2004-2005
各フォーメーション
 アーセナル03-04
 アムステルダム94-95
 アルゼンチン98
 アルゼンチン01
 アルゼンチン14
 イタリア94
 イタリア00
 イタリア06
 イタリア12
 イラン97
 イングランド00
 イングランド14
 ヴァレンシア03-04
 ウルグアイ02
 ウルグアイ14
 オランダ74
 オランダ98
 オランダ14
 カテナチオ
 ガラタサライ99-00
 韓国99
 ギリシャ04
 クリスマスツリー
 クロアチア18
 コスタリカ14
 コロンビア13
 コートジボワール14
 スペイン00
 スペイン08
 スペイン12
 セネガル02
 スロベニア00
 チェコ03
 チェルシー04-05
 チェルシー14-15
 チェルシー16-17
 チリ98
 チリ14
 デンマーク86
 ドイツ90
 ドイツ00
 ドイツ14
 ドルトムント11-12
 ドルトムント15-16
 ナポリ11-12
 日本68
 日本96
 日本97
 日本00
 日本01
 日本11
 ネラッズーロ90-91
 ネラッズーロ09-10
 ノルウェー00
 バイエルン00-01
 バイエルン13-14
 バイエルン15-16
 バルセロナ99-00
 バルセロナ04-05
 バルセロナ10-11
 バルセロナ14-15
 パルマ98-99
 パリ12-13
 ビアンコネーロ84-85
 ビアンコネーロ95-96
 ビアンコネーロ02-03
 ビアンコネーロ13-14
 ビアンコネーロ16-17
 ビジャレアル05-06
 ブラジル82
 ブラジル94
 ブラジル98
 ブラジル02
 ブラジル06
 ブラジル14
 フランス82
 フランス00
 フランス04
 フランス14
 フランス16
 フランス18
 ベルギー13
 ポルト03-04
 ポルトガル00
 ポルトガル14
 ポルトガル16
 マドリード01-02
 マドリード11-12
 マドリード13-14
 マドリードA13-14
 マンチェスターU98-99
 マンチェスターU07-08
 マンチェスターC11-12
 モナコ03-04
 ユーゴスラビア94
 ユーゴスラビア00
 ラツィオ99-00
 リヴァプール04-05
 リヴァプール08-09
 ルーマニア00
 レバークーゼン01-02
 ロッソネーロ88-89
 ロッソネーロ98-99
 ローマ00-01
 ローマ07-08
 N-BOX
 浦和06
 大阪G08
 Webサカ(PC版)コンテンツ
 トップへ戻る


 銀狐のあんぱん屋
 トップへ戻る


名門復活の狼煙

2004-2005年シーズンにおいて、スペインのFCバルセロナが採用した4-3-3フォーメーションについての想定予想です。

モデルの想定・その他のケース

左図は、2004-2005年シーズンにおけるFCバルセロナのスターティングメンバー想定予想です。かつてCMで設定されていたメンバーで、たとえば、欧州CLグループリーグのvsACミラン戦やリーガの第35節目vsヴァレンシア戦などでも、同メンバーでの布陣が確認されています。

メンバー的には、ほぼ固定されていると言っても良いです。

イニエスタがRWG、DH、CHでほぼ毎試合出場してますが、途中出場がほとんどで、先発の回数自体はかなり少ないです。また、ラーションがRWG、シウビーニョがLSBで途中出場するのが目立つ程度。

攻撃の組み立ては、CHの2人デコとシャビが担当し、ロナウジーニョを経由してエトーかジュリーが決めるというパターンが基本線。いかにもバルセロナらしく、ショートパス多用のポゼッションサッカーで相手を圧倒する戦術です。

DFラインも割りと固定されており、高いDFラインで中盤との隙をできるだけなくすようなシステムになります。

2004-2005シーズン当時のFCバルセロナ

監督は、現役時代はACミランやアヤックスで大活躍したオランダ人のフランク・ライカールト。

監督としてのキャリアは1998年から2000年までオランダ代表監督を務めEURO2000でベスト4。その後、オランダのクラブチームであるスパルタではクラブ創設以来初の2部落ちを喫しており、1年のブランクを経て、2003年にバルセロナ監督に招聘されました。

当時のバルセロナは、第一次ファン・ハール監督時代に中心となったオランダ人選手たちの高齢化やエースのリバウドの退団などもあって、近年まれに見る不振を極めており、ライカールト就任直後はその悪い流れを断ち切れず、序盤は一時、降格圏にまで順位が落ち込む事態になってました。

しかし、ライカールトはそんな状態のチームをうまくまとめあげ、彼の就任と同時に入団したロナウジーニョを中心にチームを建て直し、冬の移籍市場で獲得したダーヴィッツがカンフル剤になると、終盤一気に挽回して、最終的に2位に食い込む成績を残しました。

そんな状況で迎えた2004-2005シーズン、エトー、ラーションといったアタッカーに、FCポルトで欧州CLを制覇した中心メンバーであるデコを獲得。特にデコの獲得はかなり大きく、彼の獲得で中盤を制圧できるゲームプランが立てやすい土壌が出来上がりました。

CLこそ決勝Tでチェルシーの前に敗退しますが、リーガはレアル・マドリードに勝ち点9差をつけての圧巻の優勝を飾ります。。

なお、余談ですが、補強らしい補強をしなかったにもかかわらず、ほぼ同じメンバーで臨んだ次シーズンはリーガで今度は勝ち点差12をつけて優勝し、加えて欧州CLも制覇。一時的な不振にあえいでいたバルセロナは見事に息を吹き返したのでありました。



Webサカ(PC版)コンテンツトップに戻る

あんぱん屋トップに戻る